プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井川鉄道SLの旅

5月4日の月曜日、クラブツーリズム(近畿日本ツーリスト)のバスツアー利用で、大井川鉄道のSLとアプト式電車に乗って来ました(^-^)/

例年であれば、近場の海外か近県への旅行に行っているはずなのですが、今年は子供の就活絡みで長期に家を空ける事が出来ないので、日帰りバスツアーを選択した次第です(^O^)

「行きはヨイヨイ帰りは大渋滞」の疲労困憊ツアーになりはしましたが、個人で行くには段取りが大変な上に超シビアな時間管理も要求されるので、結果としては旅行会社のバスツアーを利用して正解だったと言えるでしょう。

参加者は老若男女あわせて43名(^o^;)

座席(補助席以外)は全て完売の大盛況(^_^;)

当然ながら奇数の参加者は他の奇数参加者との相席になり、初対面の方と丸一日を過ごす気苦労に耐えながらのツアーは決して喜ばしいモノではありませんが、それでも楽しかった一日をカメラに収めて来たのでご覧頂きたく思いますm(_ _)m


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

藤沢・茅ヶ崎で参加者を乗せたバスの最初の目的地は、ここ「蓬莱橋」です。
大井川を跨ぐこの橋、何と木造の歩道橋です!!
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0001


欄干が低くておっかないので、ちょこっとだけ行って大井川の一部だけ写して来ました。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0002

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0003

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0004


んんん・・・ちょっと怖い感じがしてしまう注意板ですね・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0005


長さは897.4m。
このように「世界一長い木造歩道橋」として、ギネスにも認定されています。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0006


でもちょっと欄干低過ぎ・・・。
僕はこういうのが苦手だなぁ・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0007


これは次に立ち寄った休憩場所、道の駅で偶然写したSLの写真です。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0009

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0010

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0011


道の駅でのトイレ休憩も済ませ、次に向かったのは今回のSLの乗車駅「家山駅」です。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0012


レトロな運賃俵・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0013


そして、これまたレトロな時刻表・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0014


雨よけの東屋(?)だけはちょっと新しい感じ・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0015


線路には木炭のタールが染み込み、昔懐かしい匂いが鼻腔を刺激します・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0016


僕らが向かうのは「千頭」方面。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0017


シンプル・イズ・ベスト!!
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0018


と言う事で、僕らの乗車するSLが到着しました。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0019


以前もここからSLに乗車した事があるのですが、その時と同じ車種だったかな・・・?
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0020


最近では乗車車両そのものは新しい車両を使う事もあるようなのですが、今回乗車した車両は正真正銘の年代モノだそうです・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0021

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0023


これが今回の売りのひとつである静岡空港名物の空弁!!
左手にビールを持ち、膝の上に弁当を置きながらの写真撮影だったので、蓋を開けたところまで写す余裕が無かった・・・。残念!!
でもボリュームがあり、大変美味しかったですね。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0022


お腹も一杯になったところで「千頭駅」に到着です。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0024


暗いのですが、これは通りすがりにサッと写したSLの操縦室の写真です。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0025


この「千頭駅」でSLともお別れです。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0026

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0027



僕らはここから、乗車してきたバスにピックアップしてもらい、「奥泉駅」に向かいました。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0028

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0029


「奥泉駅」からは、13時52分発の井川方面行きに乗り、閑蔵(かんぞう)駅に向かいました。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0030


これは「奥泉駅」のホームです。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0031


こちらは駅舎。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0032


向かうは「アプトいちしろ」方面・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0033


この列車に乗車して「閑蔵駅」に向かいました。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0034


下の2枚は「アプトいちしろ駅」で写した眼下の湖(川かな?)です。
神秘的な色ですね・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0035

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0036


ここからは歯型レールを使った鉄道方式「アプト式」により90/1000の急勾配を登って行きます。
写真では分かりづらいかもしれませんが、列車にしてはかなりの急勾配です・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0037


これは長島ダムの放流風景です。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0039


迫力満点!!
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0040


この写真は、長島ダム上流に位置する「接岨湖(せっそこ)」ですね。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0042

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0043


このような景色が随所に現れてくるあたりは、さすがに大井川の秘境と言えるかもしれません・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0044

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0045


ロマンチックな駅「奥大井湖上駅」に到着です。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0046


ハッキリとは読み取れなかったのですが、宿泊施設もあるのでしょうか・・・。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0047


ここからが最大の絶景です!!
雄大な南アルプスの渓谷に架けられた高さ100メートルの「関の沢鉄橋」!!
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0048

どうです!!
真下には何にもありません!!
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0049

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0050

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0051

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0052

2009_0504シーカヤックお遊びツアー0053


と言う事で下車駅である「閑蔵駅」に到着です。
2009_0504シーカヤックお遊びツアー0054


ここからは焼津のお土産屋さん経由で帰路に着く予定だったのですが、既に東名道帰省ラッシュが始まっている状況から一部だけ東名道を利用し、それ以外は箱根までを全て一般道で戻る事に・・・。

バスのドライバーさんと近日の添乗さんの賢明な判断で、大きな渋滞に呑み込まれる事も無く、小田原厚木道路にて湘南方面まで戻ってくる事が出来ました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


出発点の藤沢帰着が大渋滞の影響で当初予定の20時から22時になり、大幅な遅れの後に藤沢に無事帰着・・・┐(´ー`)┌

この後は、焼鳥屋の大吉で打ち上げをし、一日の疲れを吹っ飛ばした事は言うまでもありません・・・f^_^;


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント

焚火さん、お疲れ様でした。気疲れは兎も角、大井川鉄道の旅、最高に良いですね!!SLとかアプト式鉄道があるのは前から知ってはいたけど、焚火さんの旅インプレ記事見て、猛烈に行ってみたくなりました。僕の場合、行くとしても、奥様と2人旅なので、他の方との相席は無いのではないかと思っています・・・・バスは大丈夫でも、大井川鉄道では向かい合わせの4人席で、やっぱり相席っちゅう事になるのかな・・・・(Ken)

Kenさん、どうもです!
何やかんや言っても楽しかったし、印象に残る旅であった事には変わりありません。
子供もそれなりに楽しかったようだしね。
当の子供は翌日一番で、また静岡に行ってるんですよ。何だか、友達の実家に御呼ばれして泊めてもらうんだとかで・・・。
ちなみに今回のツアー代金は@8千円でした。
個人での段取りや時間配分の気苦労を考えたら間違いなく安い方と思います。
何てったって一日3本のSL乗車なので、乗りそびれたらアウトです。
僕らの後から来たツアーの団体は、SLには乗れたものの、アプト式には乗れなかったみたいですよ・・・、渋滞や駅での混雑・混乱が原因でね・・・。
奥さんと二人での大井川のSLツアー、ちょっとせわしないしバタバタしているけど、楽しい思い出になる事は間違いないでしょうね!!
(ちなみに大井川鉄道での弁当タイムは、2人ならBOX席での相席。対面での着座となります)

空弁の中味を撮った写真付き記事紹介

初めまして、宜しくお願いします。
偶然に貴記事に遭遇し、「空弁の中味部分の写真を撮れなかったので残念」のニュアンスを感じたので、私が以前に撮った写真付き記事の紹介をしますから、よろしかったら見に来てください。
記事題名:白いツバサ@seesaa: (静岡空港)開港後の販売を目指して企画した”そら弁”
http://shiroi-tsubasa.seesaa.net/article/109718251.html?1241621104

イチマサさん、はじめまして!
写真、拝見しました!
そうそうこれです・・・。
個人的にはかなり気に入ってしまった弁当なので、もう一度食べたい・・・、と本当に心の底から思っている次第です。
イチマサさんの写真を見たら、マジでまた食べたくなってしまいました。
また、空弁なのに空港では売られていないと言う興味深い話も楽しく読ませて頂きました。
本当にありがとうございました。

わぁ~懐かしい!!
「蓬莱橋」と「大井川のSL」
数年前の紅葉の時期にバスツアーで行ったことがあります。
といっても1泊2日で目的は香嵐渓だったんですけどね。
http://kazkaz.jugem.jp/?eid=267
SL車内の写真がなかったので焚火さんの画像が
とても懐かしかったです。
それにしても20時の予定が22時に藤沢とは・・・
お疲れ様でした。やはり今年のGWは1000円政策で
いろんなところにしわ寄せがきてしまってますね。
でも4日はお天気に恵まれて楽しい旅行だったようで
よかったです(^^)

バス旅行、なかなか捨てたものではありませんね!
気軽に行けるし、何てったっていつでも酒が飲めるところが嬉しい限りです。
(トイレがちょっと心配ですけどね・・・)
団体旅行ならではの制約と、ツアーならではのコストの安さ・・・、どっちを選ぶかは難しいところですね。
でも、トイレ付きバスでならいいかもしれませんね、僕みたいな酒大好き人間にはね!!

はじめまして!

先日ちょうど大井川鉄道のSLにのってきたばかりなので
思わず書き込んじゃいました♪

ワタシが生まれた時はSLは動いてなかったんですけど
近所にSL公園というSL車両が間近でみれる場所があって
そこで毎日遊んでてSLに対する思い入れがあったので
すごーく感慨深い旅となりました(笑)。

ずっと残っててほしいです!

さっかんさん、こんにちは!!
コメントいただきありがとうございます。
大井川のSL、風情が有りとても印象に残った日帰り旅行でした。
お弁当は食べられましたか・・・?
空弁・・・とても美味しかったです!!
福島の磐越にもSLに乗れるところがあったと記憶しています。
今度はそちらのSLに乗りたいと密かに計画している最中です(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/990-e03d97b4

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。