プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児と共に三ノ塔へ・・・

急遽都合が悪くなり、ドタキャンになったメンバーを除いた会社の有志&その家族七名で、18日の土曜日に丹沢の三ノ塔に行って来ました(^-^)/

今回のメンバー七名の内、二名は何と8歳の男の子と5歳の女の子(^O^)
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0004


幼少の子供もいる事から、待ち合わせ場所を富士見小屋左折先の菩提峠の駐車場とし、そこから三ノ塔に向かうルートを選択しましたo(^▽^)o

しかし菩提の駐車場から三ノ塔では多少物足りなさがあるため、僕を含めた三人は蓑毛からヤビツ峠を抜け、富士見小屋経由で菩提の駐車場に向かう事に・・・(^ε^)

待ち合わせ時間の9時ジャストに菩提駐車場に到着し、そこから全員で三ノ塔に歩を進めました(^O^)/

しかし五歳の女児に、日本武尊ルートの急登が登れるのかどうか・・・(・_・;)

正直なところ最初は心配だったのですが、大人の助けを借りる事なくニノ塔まで登り切り、小休止の末に無事全員で三ノ塔に到着(´∀`)

ガスが濃く、景観が全く望めない中での昼食となりましたが、それはそれでまた一興です\(^_^)/

山頂では、乾き物のつまみと上司の奥様が作って来てくれたおがずにサラダ、そしておでんにカップラーメンという昼食で腹を満たし、大満足ののち昼過ぎから下山を開始しました(・ω・)/
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0011


帰路は表尾根から林道に下り、そこから菩提駐車場まで戻るルートを選択しましたo(^-^)o

一時間強ののち無事に菩提駐車場に到着し、今日のメニューを楽しく消化する事が出来、全員大満足(^-^)/

僕はみんなとはここで別れ、蓑毛まで歩きバスで帰るルートを選択しました(^_^;)

秦野行きのバスがヤビツ峠に停まっていたのですが、ここはスルーし朝通って来た春岳沢方面に足を向かわせました。

この時(ヤビツをスルーした時)の時間は午後1時50分。

時間的にやや遅かったためか誰とも会う事無く下り続け、新緑の息吹を感じながらの下山も午後2時30分をもって終了・・・。
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0013


2009_0419シーカヤックお遊びツアー0014


2009_0419シーカヤックお遊びツアー0015


天候が回復し出し、遠くの山々が見渡せるようになったと同時に蓑毛のバス停に到着しました(*´Д`)=з

15時のバスで秦野に向かい、自宅には16時半着。

子供たちとの楽しい山歩きで、一番の心残りは晴れ間が出なかった事・・・。

次回は、三ノ塔からの大展望を必ず見せてあげたい・・・・と、今から思っている僕がいるのでしたr(^ω^*)))


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/984-53270b66

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。