プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR来宮駅~玄岳 ピストン登山(=´ー`)ノ 

21日(土)、自宅最寄り駅からJR藤沢駅に向かい、藤沢駅6時9分発の静岡行きに乗車(^-^)/

熱海の玄岳を登るにあたり、現地の最寄り駅として選んだのが、熱海から伊豆方面にひとつ下ったJR伊東線の来宮駅でした。

下山後は、熱海の温泉旅館「金城館」で会社の仲間と落ち合うので、お金をかけてバスを使っても時間を余してしまうため、敢えて来宮駅からの徒歩スタートというコースを選択した次第です(*^-^)b

毎度の事ながら、下手くそではありますが、何枚かスナップを撮って来たのでご覧下さいm(_ _)m


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

JR来宮駅には7時2分着。
トイレ休憩を済ませ、来宮駅を出発したのは7時30分過ぎでした。
駅を出て右手に歩を進め、緩やかな車道登りからスタートです。
大型マンションやかんぽの宿を見下ろしながら歩道の無い車道を歩くので、ここはやや注意が必要(^_^;)
40~50分で小さな交差点にぶつかり、ここを右折すれば登山道取り付き口のバス停「玄岳ハイキングコース入口」です。
ここからはやや急登の舗装道を歩き、10分強で登山道入口に到着。
後は、段差がほとんど無い緩やかな登りのハイキングコースとなり、伊豆スカイラインの陸橋を越え程なくして南に面した展望スペースに到着しました(^-^)/
2009_02222007_11230001.jpg


ここからは伊豆半島から房総半島までが一望出来る素晴らしい景色を堪能しました。
2009_02222007_11230002.jpg

2009_02222007_11230003.jpg


玄岳山頂よりかは、風もなく目の前が開けたこの展望スペースでの昼食タイムの方が、のんびりとくつろぐ事が出来るかもしれません(^-^)/
2009_02222007_11230004.jpg

2009_02222007_11230005.jpg


展望スペースから10分で玄岳山頂に到着。
到着時刻は、9時18分でした。
2009_02222007_11230006.jpg


トレッキングマップでは、ハイキングコース入口バス停からの山頂までの所要時間は1時間40分になっているのですが、この時は来宮駅から山頂までの所要時間が1時間50分、ハイキングコース入口バス停からだと約50分で山頂に到着しました。

特に急いで登ったわけではないのに、何でこんなに早かったんだろう??
マップの参考所要時間が余裕を見過ぎているのかな・・・?

腰痛持ちの僕にしては、ちょっと考えられないコースタイムだったので、いずれもう一度検証してみたく思います・・・。


しかし昨日の山頂は風が強くとても寒かった・・・。
2009_02222007_11230007.jpg

2009_02222007_11230008.jpg


写真を数枚だけ撮り、すぐ氷ヶ池に向かいました。
2009_02222007_11230010.jpg

2009_02222007_11230011.jpg

2009_02222007_11230013.jpg


玄岳から氷ヶ池に向かう下り途中からの一枚です。
2009_02222007_11230012.jpg


氷ヶ池の北側はこの様に笹が刈り込まれ、休憩するには最適なスペースが広がっていますo(^-^)o
2009_02222007_11230014.jpg

2009_02222007_11230015.jpg


日が陰ると寒いのですが、当たればポカポカ陽気(^-^)/
2009_02222007_11230016.jpg


中央左の黒い点は、僕のザックです。
この時は、体育館くらいあるスペースを独り占めでした。
2009_02222007_11230017.jpg


ここでは約90分の大休止o(^▽^)o

ラーメンを食べて、体は芯からポカポカ(^ε^)♪
2009_02222007_11230018.jpg


この後は、ちょっとばかり道がわからなくなりスカイラインの下を潜るトンネルを数回行き来してしまいましたが、何とか往路の登りコースに合流し、会社の仲間が待つ温泉旅館「金城館」へ・・・
その後の事は、また次回のレポで・・・(*^-^)b


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回初めて登った玄岳は、標高が低いため見下ろした時の高度感はさほどでもありませんが、ほぼ360度に渡る山頂からの展望は素晴らしく、小さなお子さんでも時間をかければ無理なく登れそうな山ですね(^-^)/

歩く事が好きな方は、歩道の無い車道を一部歩く事にはなりますが、来宮駅からのコースもいいかもしれませんね。


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/962-92d12fbe

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。