プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊香保温泉バスツアーを振り返って・・・

一泊二日の伊香保温泉旅行に行って来た事は、四回に分けて既にログした通りです(^-^)/

伊香保温泉バスツアー 1日目(1)

伊香保温泉バスツアー 1日目(2)

伊香保温泉バスツアー 2日目(3)

伊香保温泉バスツアー 2日目(完)


僕が伊香保の町を歩いていて感じた事・・・(^o^)v-~~~


2008_11022007_11230058.jpg


それは、この伊香保という町がそんなにだだっ広い町ではなく、どこから回り始めれば良いのか迷うような範囲ではない状態で観光名所が点在しているので、3~4日間あればかなり充実した観光名所巡りが出来るなぁ・・・という事でしたv(^-^)v


2008_11022007_11230061.jpg


今回は一泊のみの湯巡りツアーでしたが、それでも地元の路線バスを利用したり場合によってはタクシーを利用したりで、それなりに広範囲に渡った行動範囲で動く事が出来たと満足しています(b^-゜)

今回のバスツアーは、選択地として草津温泉と伊香保温泉があったのですが、同行者に高齢者がいた事から、移動時間の少ない伊香保温泉を選びました。

しかし往復の高速バスがトイレ付きだった事もわかり、これなら次回は高齢者同伴でも草津温泉くらい迄なら行けそうな気がして来た事は言うまでもありません(^-^)/

しかしツアーではない一般予約であれば、今回のツアー代金では二食付きの宿泊のみしか出来ず、往復の交通費は当然別精算となりかなりの出費を強いられる事になるのですが、さすがは大手旅行代理店の企画もの!!

往復の交通費がただ同然で済んだわけで、我々利用者側にとってもお得感バリバリの格安ツアーであった事はありがたかったですね(*^-^)b

格安のWeb限定ツアーは何回か利用したことがありますが、店頭にしかないパンフレット(ペラチラシ)限定ツアーという商品もありますから、皆さんも旅行の計画を立てる時は、そこら辺にも睨みを利かせて探すと、掘り出し物の良いツアーが見つかるかもしれませんよ(^O^)/

環境にも家計にもやさしいバスツアー(*^-^)b

今まで一度も利用された事がない方の中には現地での交通手段に不便を感じられる方もおられる事とは思いますが、まずはチャレンジあるのみ!!v(^-^)v

何かしらの新しい発見(それが小さな事かもしれませんが・・・)がある事は間違いないでしょう(^_-)☆


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント

11月の3連休は伊香保温泉に行かれてたんですね(^^)
バス旅行っていいですよね。団体行動がイヤだけど、今回のようにバスと宿は決まってて、あとは自由行動っていうのが一番楽だと思います。
伊香保温泉、行ったことがないのですが、1日目の水沢うどん、メチャ美味しそうで、食べたくなりました。

ところで、このお勧めのツアー、出発は新宿とか東京だったのですか?
あと、代金はいくらくらいだったのでしょうか?
よければ教えてください
(もし以前の記事に書いてあったとしたらごめんなさい、見落としました^^)

かずぴんさん、こんにちは!!
このツアーはWebにも出ていなかったツアーで、偶然「JRびゅう」の前を通りかかった時に、暇つぶしでカタログスタンドから抜き取ったチラシ一枚にあった企画ツアーだったんですね。
平日or休前日及び部屋の利用人数によるのですが、僕らの時は3人利用の3連休真っ只中で@15,800円でした。
この中には2食の食事代と宿泊費が含まれています。
何だか分からないけど、大人一人にお銚子が1本付いてきましたね、サービスとかで・・・。
往復の交通手段はJRの高速バスで、朝から夕方までの便の中から都合のいい時間帯を自分で選ぶことが出来ました。
発着場所は新宿の新南口バスターミナルで、ここを出発した後は練馬で人を拾い、この後は関越自動車道で一直線です。
ちなみに往復とも座席していなので、席の心配はご無用!!

こんな感じの往復バスツアーでした!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/912-d2d6d21f

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。