プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊香保温泉バスツアー 1日目(1)

11月1日~2日の二日間、一泊二日で群馬県伊香保温泉に行って来ました ヽ( ̄▽ ̄)ノ 

交通手段(高速バス)と宿泊がセットになったJRびゅうの半パッケージツアー・・・(=⌒▽⌒=)

JR高速バスを利用しての初バスツアーだっただけに、行きも帰りも気持ちは子供の様な遠足気分で楽しく過ごす事が出来ました(*^ー^)ノ

新宿駅新南口バスターミナルを朝九時に出発したバスは、案の定渋滞に巻き込まれながらも関越自動車道に乗線(*´Д`)=з

最初の内は快調に飛ばしていたバスも、暫くするとまたまた渋滞に遭遇(><;)


2008_11022007_11230001.jpg


当初の運行スケジュールより約30分遅れで目的地の伊香保温泉に到着しました(^_^;)

宿泊施設は、今回のJRびゅうツアー指定のホテル(旅館)で「ホテル轟」です v(。・・。)


2008_11022007_11230022.jpg


かなり古い建物ながらも、新館部分とエントランス・ロビーは豪勢な雰囲気を醸し出した立派な意匠で、ひなびた旅館をイメージしていた僕はちょっとびっくり(・_・)エッ....?


2008_11022007_11230023.jpg


2008_11022007_11230024.jpg


2008_11022007_11230025.jpg

※上の写真3枚は、チェックイン後の夜に写した写真。


チェックイン前だったのでとりあえず手荷物だけを預かってもらい、ここから水沢うどんで有名な「水澤亭」まで歩き、昼食を戴く事にしました(^-^)/

しかし・・・これが大失敗(@_@)

荷物を預かってもらったホテルのフロントマンの話では、「歩いても行けない距離ではありませんよ」・・・。

しかし向かう途中の案内板を見たら、目的地の水澤亭まではまだ四キロ以上もあるではないですか!!

ましてや道路は歩道が無く、細い路側帯しか歩けるスペースが無い・・・(→o←)ゞ

今回は僕ら以外にも僕の母親と家内の両親が同行していただけに、途中で急遽タクシーを呼び全員相乗りで「水澤亭」に向かう事にしました(^_^;)


やっとの事で「水澤亭」に到着\(^_^)/

水沢うどん 水澤亭 (そば / 伊香保町水沢)
★★★★ 4.0


2008_11022007_11230005.jpg


2008_11022007_11230004.jpg



毎度の事ながらまずは乾杯です( ̄▽ ̄)=3


2008_11022007_11230002.jpg


ビールを飲んで朝からの事を歓談しながら待つこと暫し、やっと水沢うどんの登場!!w( ̄o ̄)w


下の写真が待望の水沢うどんです。

2008_11022007_11230003.jpg


これで¥1,050 ∑( ̄Д ̄;)
うどんは何杯でもお替り自由 !
|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

そんなにお腹は空いていなかったのですが、お店の方の「お替わりはいかがですか~~!」の声に全員お替わりを戴いてしまいましたf^_^;

全員満腹になった後は、腹一杯になったお腹を抱え、地元の路線バスでホテル近くまで戻り、石段街まで行ってみる事にしました。

その模様はまた早々にアップしたく思います・・・。


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/908-0744113e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。