プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下田 大浦荘

南伊豆での初カヤックは強風であいにく翌日に延期(;_;)

そうなれば後の楽しみと言えば、温泉と美味しいお酒と言う事になるでしょう(^-^)/

今回宿泊場所に選んだのは、下田駅から車で五分に位置する「大浦荘」(^-^)/

2008_03022007_11230017.jpgいつもの通り「じゃらん」で探したお宿に宿泊致しましたo(^-^)o





2008_03022007_11230014.jpg目の前は海!!







駅からの距離は多少あるものの、喧騒とは無縁の立地はなかなか捨てがたいですね~~(^-^)/

2008_03022007_11230016.jpg

2008_03022007_11230015.jpg宿に到着しビール一本飲んだ後に近くを散歩したところ、合掌造民家が!!!
白川郷に行った時の事を思い出しました(^o^)v





さて肝心の宿自体はじゃらんのクチコミに書かれていた通り、確かにレトロ感バリバリ全開ではあるものの、接客業の基本をマスターした仲居さん達と話をしていくにつれ、子供時代に宿泊した旅館の事が思い起こされましたね・・・・・・・・(^o^)v-~~~

古き良き時代であったあの頃の雰囲気と、温かい心遣いを持ち合わせた宿の方々・・・(〒_〒)

今のシティホテルや小洒落た旅館には無い、独特の雰囲気を持ち合わせているのが、この「大浦荘」と言えるでしょう(^-^)/

2008_03022007_11230035.jpgこの写真は夕食時の卓上です。






部屋食が基本とは今時ありがたや~~(^O^)

若い人達には少し物足りないかもしれませんが、我々には十分な量でした(*^-^)b

2008_03022007_11230036.jpg続いてこちらは朝食の写真です。






前の晩かなり飲み過ぎたにもかかわらず、ごはんを三杯もお代わりしてしまいましたf^_^;

十分満足させて戴き特に不満点は無かったのですが、まぁ強いて揚げるとすれば下記点くらいでしょうか・・・。

①階段が多い
②トイレに喚起設備が無い
③風呂がやたらと狭い

・・・ってなところでしょうかねぇ(^~^)

僕自身は十分満足させて頂いたのですが、家内や義父母は上記の点で今ひとつだったみたいです。

でも「じゃらん」でタイミング良く予約が取れれば、同時期宿泊代の半額程度で泊まれるので、利用価値はかなり高いと言ってもいいでしょう(^-^)/

宿泊代が七~九千円なら買いですね、僕なら(^-^)/

さあ~~て、これから初カヤックに行ってきます!

どうなる事やら・・・

また近々にアップしたく思います(b^-゜)


人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/708-4c279264

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。