プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人の時間

今日、好天の中を一人で高尾まで行って来ました。

2008_02242007_11230002.jpg

家内や子供と離れ、一人だけの時間を過ごして来たわけです(^O^)/

理由は親父の墓参り(*^-^)b

いつもは家族同伴で自家用車利用ですが、今日は一人なので電車にしました。

小田急江ノ島線で町田まで上り、JR横浜線で八王子経由高尾へ。

2008_02242007_11230001.jpg

高尾からは約三十分の道のりを闊歩(・ω・)/

墓に眠る親父との二人だけでの対面は初めての事でした(^~^)

線香の煙が青空に吸い込まれる様を眺めながら暫し過去を回想し、ボ~ッと空白の時間をやり過ごしました(^o^)v-~~~

いつも家内や子供と共に行動している自分にとって、話し相手のいない単独行動はちょっと寂しい反面、普段とは違った視点で全てを見る事が出来る絶好の機会であり、数ヶ月に一回はこの様な時間を持つ様にしています。

今回の墓参り単独行を敢行した理由は、一カ月程前に身内に起きたある出来事に対しての御礼を、墓の中の親父にするためでした。

我が家族を含む身の回りの人達の幸せのために、いつまでも見守っていてくれるよう、改めてお願いして来ました(^-^)

亡くなってわかる親の愛情が、この年になり少しずつわかりかけて来た気がする今日この頃です( ̄ー ̄)

人気blogランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/703-15688a25

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。