プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計を外して三ノ塔へ

丹沢大山が毎度定番の山歩きになっている僕ですが、6月4日の土曜日は蓑毛からヤビツ峠~岳ノ台に抜け、三ノ塔までのトレッキングコースを久しぶりに歩いて来ました。

大山に向かうときは毎回コースタイムを意識しながらの山登りでしたが、この日は時間に捕らわれることなくのんびり歩くつもりだったので、敢えて時計を外して蓑毛バス停から歩くことにしました。

蓑毛バス停~ヤビツ峠~岳ノ台間はかなりのハイペースで歩く事が出来たという実感があったので、パラグライダーの滑降場では昼寝も兼ねた一時間ほどの大休止(-.-)zzZ

天空からの鳥のさえずりと眼下の街並みから聞こえてくる喧騒が妙に心地良く頭の中で木霊し、ついウトウトしてしまったんでしょうねZZzz....

いやいや本当によく寝てしまいました(^o^;)

さあ!!休み過ぎて動くのが億劫になる前にいざ出発!!

岳ノ台からは菩提の駐車場に下り、日本武尊経由で二ノ塔~三ノ塔へと向かいました。

しかし、久しぶりの三ノ塔は風が強くてとても寒かった・・・。

ガスっており展望も今ひとつでしたが、ここまで来たんだから一服タイムだけは欠かすことは絶対に出来ませんf^_^;

(^o^)v-~~~

しかし寒い・・・(><;)

眼下に見える烏尾山荘の三角屋根を見ながらタバコをふかした後は、あまりの寒さにそそくさと三ノ塔尾根を下る事にしました。

標高差で約1,000メートルある下りは、いやいやきつかったぁ(-.-;)

足がパンパンだぁ・・・(*´Д`)=з

一時間ほど昼寝に費やしたにもかかわらず、ガクガクした足を引きずりながらも、大倉の吊り橋には昼過ぎに到着しました。

久しぶりの三ノ塔トレッキングも無事に終了し、自分なりにはかなり満足出来た山登りとなりました・・・。

自然の中でボーっとしていると、本当に無我の境地を垣間見れる気がします・・・。

僕にとって山は、今や欠かすことの出来ない『自分を取り戻す場』であることを改めて実感した一日となりました。

丹沢という手頃な山が、住まいにほど近いところにあること感謝です(~人~)



人気blogランキングへ


スポンサーサイト

コメント

焚火さん
もしかしたらニアミスってたみたいですね。
僕は、10時頃、ヤビツ峠にいました。

kenさんご無沙汰です!!
僕はヤビツを7時40分頃通過したので、ニアミスでしたね!!
偶然の遭遇を期待して、チャリ乗りの方がいるといつも気にしちゃってます。
11日も晴れたら行こうかな・・・なんて思ってます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/1261-97ee2ca1

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。