プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿との出会いに喜び猟犬に怯えた初の不老山(+_+)

おそらくは今年最後の山登りになるであろう『2010年度 登り納め登山』に、日曜日(19日)に出かけて来ました。

毎回毎回同じ丹沢のルートばかりを歩いているワンパターントレッカーの僕ですが、登り納めくらいは行ったことのない山に登ってみようと思い、選んだ山は西丹沢に位置する不老山(^-^)/

自宅最寄り駅から朝6時前の電車に乗り、御殿場線の駿河小山駅に着いたのが7時10分でした。

冷え込みの厳しい中、駅からはルートマップを片手に金時公園経由で今日の目的地である不老山へ・・・。




予想より案内板が少なく、引き返したり立ち止まったりを繰り返し、何回か送電線の下を通過した後に知らぬ間に道は荒れた林道へと誘われていました(^_^;)
2010_12190001.jpg


2010_12190002.jpg



地割れ・・・?!?!
2010_12190003.jpg



しばらく地割れの道が続きました。

あと3.4キロか・・・。
いつになったら普通の登山道に戻るんだろう・・・?
2010_12190004.jpg



歩行路は道の真ん中でぱっくりと地割れ状にかなりの長い距離で崩壊し、かつ至るところで土砂崩れが起きており、気分はちょっとブルー(-_-#)
2010_12190005.jpg


2010_12190006.jpg


2010_12190007.jpg



ここでもまた送電線の下を通過・・・。
2010_12190008.jpg



でも相変わらず道はひどい状況です・・・。
2010_12190009.jpg


2010_12190010.jpg


2010_12190011.jpg


2010_12190012.jpg


2010_12190013.jpg


2010_12190014.jpg



こうしてやっと荒れた林道歩きも終了。



ここからやっと普通の山歩きがスタートしました。
2010_12190015.jpg


2010_12190016.jpg



下の写真は、今歩いて来た林道歩きの終点にあった標識です。

登りの取付口にはこんな表示は無かったのですが、どうやら今登ってきた道は、通行禁止だったようですね・・・。
2010_12190018.jpg



そんなこんなでやっと不老山山頂間近の分岐に到着。
2010_12190027.jpg



マップ上のコースタイムで約3時間弱のところ、迷いはしたものの2時間15分での分岐到着でした。
2010_12190019.jpg



ここからの冨士山はさすがにでかいですな!!
2010_12190020.jpg



ここから約200メートル奥にある不老山山頂にも一応立ち寄りましたが、南方面の海がちょっと望める程度で、展望はイマイチ。
2010_12190021.jpg


2010_12190022.jpg


2010_12190023.jpg



そそくさと先ほどの展望台に戻り、昼食を戴く事にしました。
2010_12190024.jpg


2010_12190026.jpg



ソロの時は行動食で済ませることがほとんどの僕ですが、今回は湯を沸かしカップたぬきそばで、のんびりとしたランチタイム(^-^)/
2010_12190025.jpg


2010_12190028.jpg



しかし、この時背後の山奥からけたたましい犬の鳴き声が・・・( ̄○ ̄;)

後ろを振り向いたら、後方約150メートルあたりの登山道を、2匹の中型犬が横切って行ったではありませんか!!

大きな鳴き声を放ちながらウロウロ歩き回る犬に、まさかこんな山の中で出会うとは思ってもいなかったので、もし襲って来たらどうしよう・・・(-"-;)

そんなことを考えていたら居ても立ってもいられなくなり、片付けを済ませて早々に下山する準備にとりかかる事にしました。

登りルートの荒廃した道をピストンで戻るのはさすがに嫌だったので、下山路は「不老の活路」経由で生土に向かう道を選択し、そそくさと下って行ったのですが・・・(゜□゜)

下り始めて10分ほどしたら、背後でいきなり先ほどの犬の鳴き声がするではありませんか!!

恐る恐る後ろを振り返ったら、先ほどの2匹の犬がワンワンと吠えながら一気に僕に詰め寄って来ている・・・(>_<)

この時は本当にビビりました。

考えていてもしょうがないし、まぁ素知らぬふりをしてここはやり過ごそうと思い、何食わぬ顔でゆっくりと下って行ったのですが、1メートルにも満たない背後では犬特有の「ハァハァハァハァ」という荒い吐息が・・・。

いつ襲ってくるのかな・・・・と思いながら下っていたら、ここでいきなり2匹の犬が僕の横に並び一緒に歩き始めたじゃありませんか!!

よく見たら、首輪のところにアンテナが2本付いており、どうやら無人で操られている猟犬みたいだということにやっと気付きました。

いやいや、でも本当に怖かった(ノ_・。)

そこから猟犬は別のルートに流れ去り、やっと落ち着いた下山の山歩きに立ち帰ることが出来、心の底からひと安心(*´Д`)=з



下山路は赤テープの道標がしっかりと付いている「不老の活路」をのんびりと歩き、駿河小山駅には予想よりもかなり早かった11時50分に到着する事が出来ました。
2010_12190029.jpg


2010_12190030.jpg


2010_12190031.jpg


2010_12190032.jpg


2010_12190033.jpg




いろいろあって、かなりどぎまぎした初の不老山でしたが、個人的にはアップダウンの少ないとても良い山だと思います。
2010_12190035.jpg


2010_12190036.jpg


2010_12190037.jpg



またいつか絶対に来たい('-^*)/

僕のお気に入りの山が、またひとつ増えてしまった、初の不老山登山・・・でした(*^-^)b



人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/1219-350c1a53

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。