プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江ノ島の灯台一望 『江ノ島小屋』テラス席

会社の上司、同僚と僕の三人で、江ノ島大橋の袂にある食事処『江ノ島小屋』に行って来ました。

昼夜あわせて数回ほど訪問歴のある『江ノ島小屋』ですが、この時期の夜のテラス席での飲食は初めてのこと・・・(`∀´)

期待に胸を膨らませて初テラスを経験して来ました(^-^)/


いきなりですが、夜・夏・初テラス体験の第一印象を下記致しましょうφ(.. )


その①
テラス席は南側ではなく道路側の席が良し。
道路側の方が、江ノ島の灯台が一望出来る。

その②
当然の事ながら、外なのでクーラーの恩恵には与れない。しかし海風が心地良く、暑いということは全くない。

その③
江ノ島の灯台の灯りを映えさせるためか、テーブルの灯りが暗い。これでは料理の色合いなどがハッキリとせず、視覚で味を感じることが出来ない。




初の夏夜テラスで感じたことは、以上三点くらいでしょうか・・・f^_^;

料理と接客は申し分なし(b^-゜)

冷凍ではない生魚の刺身の旨さは表現のしようもなく、ここでしか食べられない創作料理の細やかな味に、ついつい杯を傾けるピッチも上がります(*^o^)乂(^-^*)

街中の安価な居酒屋とは違い価格もそれなりにお高めだからか、年齢的に落ち着いた方々が多いのも、静かでありがたいことですね。

江ノ島を代表する食事処『江ノ島小屋』は、これからの時期がその本領を発揮・・・といったところでしょうか(b^-゜)


江ノ島小屋 ( 片瀬江ノ島 / 刺身 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/1157-c282304e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。