プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに三ノ塔へv(^-^)v

我が子と同年代の会社の後輩二人と共に、久しぶりに丹沢の三ノ塔に登って来ました。

今回のコースは蓑毛バス停からヤビツに抜け、岳ノ台経由で菩提の駐車場に降り、二ノ塔経由で三ノ塔に登るコース。

帰路は三ノ塔尾根を下り、大倉からバスで帰るという半日コースを選択しました。


荷物は今年入社の新人君に全て背負ってもらい(!!)、僕は手ぶらでのトレッキング!!
イヤイヤ、今回は本当に楽をさせてもらいました。



昨年8月に崩落していた柏木林道も、写真のように際を踏み跡で固められ、通れる状態になっていました。
2010_06120003.jpg



晴れてはいるものの、視界は今ひとつ。
富士山もお預け・・・。
2010_06120007.jpg



このザックで12~13キロくらいでしょうか・・・。
新人君は、木にもたれかかって一休みです。
2010_06120008_20100612192335.jpg



花もきれいだったなぁ。
何てえ花だろう・・・??
2010_06120006.jpg

2010_06120009.jpg



三ノ塔山頂ではビールとつまみで乾杯し、ゆっくりとお弁当を堪能≠( ̄-( ̄)

一時間半かけて大倉に下り、そこから帰途に着きました・・・。



年齢が24~25歳も離れた若者二人との山行きに、最初は体力的に付いていけるかどうかの不安はありましたが、これだけの年齢差があるにもかかわらず、仕事を離れたプライベートな付き合いが出来るという事は、体力差云々以上に僕にとっては大変ありがたい事・・・。

お父さんのような年齢の僕に付き合ってくれた若者二人に感謝しなけりゃいけませんな・・・(-人-)


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/1135-3b1a1c75

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。