プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(3)

※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(1)はこちら

※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(2)はこちら



漫画を読みあさり、ビールを飲みながらマッサージチェアで体のコリをほぐした後は、ディナータイムに突入です。

前菜には新鮮なお刺身やサザエの壷焼などが出されたのですが、とにかく酔っ払ってしまっているものですから、写真を撮り損ねてしまいました・・・。

そう・・・、ディナータイムも全てのアルコールが飲み放題なものですから、写真どころではなく着座したとたんに乾杯になってしまったわけなんですね・・・。

ちなみに時期的な事もあり、今が旬のワイン『ボジョレ・ヌーボー』も飲み放題!!

赤ワインが大好きな僕にとっては、これまた最高のひと時と相成りました。



下の写真は、前菜の後のメインディッシュです。
2009_11220080.jpg



何の葉かは分かりませんが、葉っぱに包まれた豚肉の味噌での味付けはなかなかのものでした。
2009_11220081.jpg



これ、御飯が何杯でも行けちゃいますね、マジで!!
2009_11220082.jpg



これは伊豆の地酒です。
何ていうお酒だったかは・・・・・
飲みすぎていたんで忘れました・・・。
2009_11220084.jpg



ちなみに・・・
この時までに飲み干していたアルコールといえば・・・


缶ビール・・・2本
生ビール・・・1杯
赤ワイン・・・グラスで3杯
ジントニック・・・1杯
写真の地酒・・・1杯



既に、この時はもうそこそこの量を飲んではいたのですが、食事の後予約しておいたカラオケルームでちょこっと歌った後に、今度はバータイムでの赤ワインをまたまた1杯いただく事に・・・・。

この日はこれにてお開きとなり、ベッドに倒れこんだ後は翌朝まで起きることなく、深い眠りに落ち込んで行きましたとさ・・・・。


ということで、続きはまた下記にて・・・o(^◇^)/~


※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・最終回はこちら



人気blogランキングへ


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fujitaki3.blog53.fc2.com/tb.php/1042-a8c9888a

アンダ別邸

伊東駅の南に位置する、「伊豆の瞳」と呼ばれる一碧湖周辺の温泉地です。日本百景の一つに選ばれた風光明媚な雰囲気を求め多くの観光客が訪れます。周囲約4kmの湖畔は遊歩道となっており、四季折々の自然と触れ合うことが出来ます。かつては与謝野晶子夫妻が訪れ、数多く

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。