プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


年末年始恒例 南伊豆温泉旅行

年末年始恒例 南伊豆温泉旅行に明日から3日間ほど出かけて来ます。

この恒例旅行が始まったきっかけ・・・
それは・・・( ̄ー ̄)

僕の親父が癌で余命を宣告されたのが、かれこれ約18年ほど前のこと。

まだ体が不自由なく動けた状態の親父と共に、家族全員で宿泊した思い出の宿で年を越す・・・それがこの恒例旅行の目的です。

時期的な事から言えば、年末年始は年間を通して超トップシーズン。

決してお安く上がる旅行ではありません。

ただ、一人暮らしを続けているオフクロの一年を通した最大の楽しみがこの旅行であることから、ボーナスの何分のいくつかを使い(涙)、家族で毎年出かけているわけです。

宿の部屋もずーっと同じ部屋f^_^;

おそらくは、この部屋には50泊近くはしているでしょう。

この旅行をしている3日間は、いつも親父のことを考え偲んでいます。

来年の2月には48歳になる僕ですが、とりあえずばこの歳まで元気で生きてこられた体をくれた親父とオフクロに、言葉では言い表せないほどの感謝をしています。



人気blogランキングへ




スポンサーサイト

パタゴニア R2ジャケット

既にご利用されている方々による使用感のコメント等から判断したところの僕自身の認識として、全てにおいて最強のフリースであろう(と確信している)パタゴニアのR4ジャケットをネットで購入した翌日に、我が家のサンタさん(家内です・・・)から思わぬプレゼントをもらいました(^-^)/




パタゴニアのインナー兼アウターフリースR2ジャケットです。
2010_12240019.jpg


2010_12240018s[1]



しかし巷では、フリースと言えばやはりユニクロ・・・・ですね(^_^;)

僕も山に行くときは、ザックに必ずユニクロフリースを忍ばせていたのですが、防寒防風という点ではやはりユニクロはタウンユース・・・。

山頂ではいつも「もっと温かいフリースが欲しい・・・」と思うことがしばしばでした。

ユニクロフリースの値段以上の価値を実感出来るのはやはり待中であって、冬季のアウトドアにはちょっと・・・いや、かなり心もとないのは事実。




そんな折りに、予期せぬプレゼントでパタゴニアのR2ジャケットをもらったことは、これは嬉し過ぎる以外の何物でもないっ!!
2010_12240017.jpg




山での着用は無論これからの話ですが、僕の感じでは好天の低山(標高1000㍍以下)であれば、登坂中は吸湿速乾のアンダーウェアにR2だけでも(風を通すのでちょっと寒いかな・・・?)行けるんではないか・・・なんて思っています。
2010_12240020.jpg



冬はインナーとして、また春先から初夏及び秋口にはアウターとしても活躍するであろうパタゴニアのR2ジャケット。

山での使用感については、年明けの年始初登山で試着してみたく思っています。




人気blogランキングへ


12月23日(日) 午後の江の島

温かい陽射しに包まれた休日(23日)の午後、毎週末の散歩コースになっている江の島まで、いつものように軽くウォーキングをして来ました。
2010_12240004.jpg



好天ながらも若干ガスっている状況・・・( ̄ー ̄)



しかし、伊豆の山々から丹沢山塊までをも一望出来るその大パノラマは、さすがに圧巻・・・( ̄○ ̄;)
2010_12240005.jpg


2010_12240006.jpg


2010_12240007.jpg


2010_12240008.jpg




写真のような大自然を目前に、時の経つのも忘れてしまうようなボ~~ッとしたひと時を享受する事が出来ました。
2010_12240009.jpg


2010_12240010.jpg


2010_12240011.jpg


2010_12240012.jpg


2010_12240013.jpg


2010_12240014.jpg


2010_12240015.jpg



時間がやや早かったので、真っ赤な夕陽を拝むことは出来ませんでしたが、おそらくは今年最後になるであろう江の島ウォーキングの〆を飾ることが出来たのではないかなぁ(^-^)/


・・・なんて思っています( ̄ー ̄)



人気blogランキングへ

富山ブラック 麺家いろは 海老名ビナウォーク

いつもなら・・・φ(.. )


初めて入った飲食店についてのレポは早々にアップするよう心掛けているつもりだったのですが、あまり印象に残らなかったので、ついつい忘れ去っていたお店がありました(^o^;)
2010_12120012.jpg



たまたまこのお店で初めて食べたラーメンの種類が、店がさほど得意としないジャンルだったのかどうかは知る由もありません・・・(*u_u)

が、僕の口には全く合わなかった・・・(-.-;)

たしか、完熟味噌とか言う名前の付いたラーメンだったと記憶しているのですが、まぁこれには味もさることながら、その味に釣り合わない価格の高さにちょっとビックリでしたね・・・( ̄○ ̄;)

家内が注文したラーメンショーで一位になったという特性ラーメンも、なるほど特徴はあるものの、また是非食べてみたいと思うほどの味では決してない・・・( ̄^ ̄)

行列が出来ているわけでもないしね・・・。

ここ最近、立て続けに個性&主張が強く、それでいて地の味を生かしたラーメンを食べ続けて来たからか、今回戴いた味噌ラーメンのインパクトの無さには、期待していただけに正直なところかなり凹みました(-.-)

たかがラーメン、されどラーメン・・・

ここがラーメンという食べ物の取扱いが難しく奥深いところなんでしょうね( ̄ー ̄)

家内が注文した特性ラーメンについては、ラーメンのベースになるスープをオリジナリティのある独自のつゆに変えてやろう!!

・・・・という、チャレンジ精神がにじみ出ており、これについては作品を戴く側としては、敬意をはらわなければいけないと心の底から思います。

ただ、ラーメンの本分というかその領域からはみ出してしまっているような気がしてしまったのは、果たして僕だけなのでしょうか・・・。

好きな人にはバカウケするかもしれませんが、万人受けはしづらいんではないかな・・・。

精算時に無料の餃子券を頂いたけど、再訪については・・・(^_^;)

軒を連ねた競合店が多いだけに、一考を要するところです・・・ねf^_^;




富山ブラック 麺家いろは 海老名ビナウォークラーメン / 海老名駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


富山ブラック 麺家いろは 海老名ビナウォーク ( 海老名 / ラーメン全般 )
★★☆☆☆2.0
powered by livedoor グルメ




人気blogランキングへ

JR駿河小山駅起点の不老山登山について

予期せぬ猟犬の出現に、怯えながら下った不老山登山については、前回の記事でレポしたばかりですが、後から気が付いた事が何点かあったので、軽く書き留めておこうと思います。


僕が(5年ほど前に購入した)マップから追った限りの駿河小山駅を起点としたルートとしては・・・

①世附峠経由のルート

②金時公園からのルート

③生土からの生土林道ルート


そして、上記の3ルートプラス今回の下山時に初めて知った ④県境尾根につながっている不老の活路ルート


上記の4ルートがおそらくは一般的な登山道ではないかと判断しています。

しかし、①世附峠からのルートと②金時公園からのルートは、台風の影響で現在通行止めになっていることが、立てられている道標でわかりました。

③のルートは歩いておらず情報無しでコメント出来ず・・・

ここで登場するのが、④不老の活路ルートです。



「不老山を愛する会」の方のご厚意により随所に立てられた面白おかしい道標(=^▽^=)
2010_12190027.jpg


2010_12190029.jpg


2010_12190030.jpg


2010_12190031.jpg




道中にあるこの案内板は、要所の木に巻かれた赤テープと併せてほぼ完璧な状態でナビされており、下山時には多少分かりづらい箇所も迷うことなく下りてくることが出来ました。
2010_12190032.jpg


2010_12190033.jpg


2010_12190036.jpg




写真に収めた道標は上記の数枚だけですが、これ以外にもかなりの数の道標や鳥についての説明板があり、この案内板を見て(読んで)笑いながら歩いてみるのも良いでしょうね(*^-^)b
2010_12190037.jpg



猟犬の突然の出現に脅かされ、マイナスイメージが頭の中の半分を占めていた不老山登山でしたが、「不老山を愛する会」の方が立てられたこの案内板のおかげで、かなり良いイメージに転換できたのは紛れもない事実。


『不老の活路』ルートをまだ未体験の方は、一度登坂ルートとして試されてみてはいかがでしょう(^-^)/


きっと笑顔で歩ききれるはずですから・・・(´∀`)



人気blogランキングへ

鹿との出会いに喜び猟犬に怯えた初の不老山(+_+)

おそらくは今年最後の山登りになるであろう『2010年度 登り納め登山』に、日曜日(19日)に出かけて来ました。

毎回毎回同じ丹沢のルートばかりを歩いているワンパターントレッカーの僕ですが、登り納めくらいは行ったことのない山に登ってみようと思い、選んだ山は西丹沢に位置する不老山(^-^)/

自宅最寄り駅から朝6時前の電車に乗り、御殿場線の駿河小山駅に着いたのが7時10分でした。

冷え込みの厳しい中、駅からはルートマップを片手に金時公園経由で今日の目的地である不老山へ・・・。




予想より案内板が少なく、引き返したり立ち止まったりを繰り返し、何回か送電線の下を通過した後に知らぬ間に道は荒れた林道へと誘われていました(^_^;)
2010_12190001.jpg


2010_12190002.jpg



地割れ・・・?!?!
2010_12190003.jpg



しばらく地割れの道が続きました。

あと3.4キロか・・・。
いつになったら普通の登山道に戻るんだろう・・・?
2010_12190004.jpg



歩行路は道の真ん中でぱっくりと地割れ状にかなりの長い距離で崩壊し、かつ至るところで土砂崩れが起きており、気分はちょっとブルー(-_-#)
2010_12190005.jpg


2010_12190006.jpg


2010_12190007.jpg



ここでもまた送電線の下を通過・・・。
2010_12190008.jpg



でも相変わらず道はひどい状況です・・・。
2010_12190009.jpg


2010_12190010.jpg


2010_12190011.jpg


2010_12190012.jpg


2010_12190013.jpg


2010_12190014.jpg



こうしてやっと荒れた林道歩きも終了。



ここからやっと普通の山歩きがスタートしました。
2010_12190015.jpg


2010_12190016.jpg



下の写真は、今歩いて来た林道歩きの終点にあった標識です。

登りの取付口にはこんな表示は無かったのですが、どうやら今登ってきた道は、通行禁止だったようですね・・・。
2010_12190018.jpg



そんなこんなでやっと不老山山頂間近の分岐に到着。
2010_12190027.jpg



マップ上のコースタイムで約3時間弱のところ、迷いはしたものの2時間15分での分岐到着でした。
2010_12190019.jpg



ここからの冨士山はさすがにでかいですな!!
2010_12190020.jpg



ここから約200メートル奥にある不老山山頂にも一応立ち寄りましたが、南方面の海がちょっと望める程度で、展望はイマイチ。
2010_12190021.jpg


2010_12190022.jpg


2010_12190023.jpg



そそくさと先ほどの展望台に戻り、昼食を戴く事にしました。
2010_12190024.jpg


2010_12190026.jpg



ソロの時は行動食で済ませることがほとんどの僕ですが、今回は湯を沸かしカップたぬきそばで、のんびりとしたランチタイム(^-^)/
2010_12190025.jpg


2010_12190028.jpg



しかし、この時背後の山奥からけたたましい犬の鳴き声が・・・( ̄○ ̄;)

後ろを振り向いたら、後方約150メートルあたりの登山道を、2匹の中型犬が横切って行ったではありませんか!!

大きな鳴き声を放ちながらウロウロ歩き回る犬に、まさかこんな山の中で出会うとは思ってもいなかったので、もし襲って来たらどうしよう・・・(-"-;)

そんなことを考えていたら居ても立ってもいられなくなり、片付けを済ませて早々に下山する準備にとりかかる事にしました。

登りルートの荒廃した道をピストンで戻るのはさすがに嫌だったので、下山路は「不老の活路」経由で生土に向かう道を選択し、そそくさと下って行ったのですが・・・(゜□゜)

下り始めて10分ほどしたら、背後でいきなり先ほどの犬の鳴き声がするではありませんか!!

恐る恐る後ろを振り返ったら、先ほどの2匹の犬がワンワンと吠えながら一気に僕に詰め寄って来ている・・・(>_<)

この時は本当にビビりました。

考えていてもしょうがないし、まぁ素知らぬふりをしてここはやり過ごそうと思い、何食わぬ顔でゆっくりと下って行ったのですが、1メートルにも満たない背後では犬特有の「ハァハァハァハァ」という荒い吐息が・・・。

いつ襲ってくるのかな・・・・と思いながら下っていたら、ここでいきなり2匹の犬が僕の横に並び一緒に歩き始めたじゃありませんか!!

よく見たら、首輪のところにアンテナが2本付いており、どうやら無人で操られている猟犬みたいだということにやっと気付きました。

いやいや、でも本当に怖かった(ノ_・。)

そこから猟犬は別のルートに流れ去り、やっと落ち着いた下山の山歩きに立ち帰ることが出来、心の底からひと安心(*´Д`)=з



下山路は赤テープの道標がしっかりと付いている「不老の活路」をのんびりと歩き、駿河小山駅には予想よりもかなり早かった11時50分に到着する事が出来ました。
2010_12190029.jpg


2010_12190030.jpg


2010_12190031.jpg


2010_12190032.jpg


2010_12190033.jpg




いろいろあって、かなりどぎまぎした初の不老山でしたが、個人的にはアップダウンの少ないとても良い山だと思います。
2010_12190035.jpg


2010_12190036.jpg


2010_12190037.jpg



またいつか絶対に来たい('-^*)/

僕のお気に入りの山が、またひとつ増えてしまった、初の不老山登山・・・でした(*^-^)b



人気blogランキングへ

イルキャンティビーチェ @江ノ島

家内の誕生日ディナーは毎年此処でと決めている江ノ島の『イルキャンティビーチェ』(^-^)/
2010_12120011.jpg



今年もまたまた家内の誕生日を記念し、美味しいイタリアンを堪能して来ました(^-^)/


ディナータイム前半の我が家の定番メニュー・・・はですね(・ω・)/

①バーニャカウダ
②バケット
③サラダ(with 特製ドレッシング)
④フォアグラマルゲリータ
⑤地鶏のガーリックソテー
⑥ソフトシェルクラブ


全メニューの中では、比較的お安めの部類に入る料理ばかりですが、これがまた美味しいんだから、まぁ仕方ありませんね(^_^;)

我が家では、ほぼ毎回このメニューで前半を消化します。

後半はその時の気分でランダムにチョイスし、クーポンでゲットした赤ワインと共に、極幸で美味しい束の間のひとときを楽しむ・・・(^o^)v-~~~

そんな過ごし方が、キャンティでの『藤沢の焚火 イルキャンティビーチェ・オリジナルコース』となりつつあるわけなんですねぇf^_^;

料理の味もさることながら、素晴らしいのはそのロケーション('-^*)/

湘南の大海原と江ノ島を観ながら戴けば、ただでさえ美味しい料理の味もなおさら引き立つというもの(b^-゜)

江ノ島にほど近く、国道沿いで海側に面した飲食店と言えば「江ノ島小屋」と「イルキャンティビーチェ」がありますが、どちらも江ノ島界隈では人気のある超有名店v(^-^)v

空気の澄んだ寒い今の時期に、ライトアップされた江ノ島の灯台を眺めながら戴くディナーは、言葉で形容しつくせるものではありません・・・ね f( ̄ー ̄)


iL CHIANTI BEACHE ( 片瀬江ノ島 / イタリアン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ





人気blogランキングへ


ルミネtheよしもと

生まれて初めて生のお笑いライブ「ルミネtheよしもと」を見て来ました。
2010_12120006.jpg



この日は家内の誕生日だった事もあり、東京に出るついでにちょっと立ち寄ってみようと思い、ネットでチケットをキープし訪劇したというワケです。

肝心の出演メンバーですが、よくテレビで見かけるタレントさん達ばかり・・・( ̄○ ̄)

冒頭に書いたとおり、生の漫才やコント(新喜劇)を見るのは初めてだったのですが、アッという間に二時間半が過ぎ去り、かなり本気で楽しませてもらいました。

そこそこ年齢は行っているもののまだ無名に近いコンビの漫才師さんや、既にテレビで大活躍されている方などが入れ替わり立ち替わりで出演するので、息つく暇がないと言ったらオーバーかもしれませんが、でもまぁそんな感じだったですねv(^-^)v

テレビで観たらそんなに可笑しそうではないコントでも、生だとついつい笑ってしまうのも、ライブならではの臨場感と雰囲気の成せる技でしょう。



会員登録後のネット前売りだと、割引価格の4000円でチケットが購入出来るのも嬉しいサービスです(^-^)/
2010_12120007.jpg



疲れ切った日常からのひとときの避難場所として、かなりお勧め出来そうな『ルミネtheよしもと』の生ライブ(*^-^)b

気分が落ち込んだ時など、結構効き目のある処方箋かもしれません(b^-゜)



人気blogランキングへ

朝から『韓国食堂』で韓国料理f^ο^;

11日の昨日、コリアンタウンのある新大久保に朝から出向き、朝食を兼ねた昼食を戴いて来ました。



新大久保の韓国料理店と言えば、個人的には一度家内に連れて行ってもらった「オンドル」がお気に入りなのですが、今回は時間的な制約があり「韓国食堂」に初訪問(^_^)
2010_12120004.jpg


2010_12120003.jpg



午前中もまだ早い時間だったので、さすがにきついアルコールは遠慮しましたが、それでも先ずはビールで乾杯。


朝一発目の食事で食べ過ぎてしまうと、さすがに胃がもたれてしまうので、気持ちやや軽めの朝メニューを注文しました。



これは「もち餃子スープ」です。
2010_12120002.jpg

具が多いので、ご飯が無くとも充分腹の足しにはなりました。



これは海鮮ちぢみです。
こは絶品だったなあ(^O^)/
2010_12120001.jpg



粉を買って来て家で作るちぢみとは大違い(b^-゜)

粉ものだからボテッとしていそうですが、サクサクでとても軽い!!


癖になる味とは、まさにこのちぢみのような味の事を言うんでしょうね。マジで旨かった・・・v(^-^)v


食後は道路を挟んだ店の対面にある『韓国広場』で買い物をし、新宿まで散歩をしながら戻りました。
2010_12120005.jpg



韓国料理を語るときには欠かせない場所である新大久保・・・。

まだまだ未知のお店が多いので、近々に再訪したく思っていますf^_^;



韓国食堂 韓国料理 / 東新宿駅新大久保駅西武新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


韓国食堂 1号店 ( 東新宿 / 韓国料理 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ





人気blogランキングへ


12月の江ノ島

毎週のように江ノ島まで軽ウォーキングをしている僕ですが、5日の日曜日に12月に入って初の江ノ島参りをして来ました。


午後3過ぎに家を出て、4時半頃到着。



夏なら燦々と陽が照りつけている時間帯ですが、師走に入っただけあり、さすがに陽が暮れるのが早くなりましたね・・・。
2010_12050001.jpg


2010_12050002.jpg


2010_12050003.jpg



この光景を観るだけでも、価値は大有りですよ、絶対に!
2010_12050004.jpg



前日(4日)よりは若干ガスめいてはいるものの、夕陽に栄える富士山も拝むことが出来たのは幸運でした。
2010_12050005.jpg



この時期の江ノ島は本当に綺麗ですね。
2010_12050006.jpg



11日の土曜日の夜も、所用で江ノ島に来るのですが、その時にはまた今日とは違う雰囲気の江ノ島を観ることが出来るでしょう。



人気blogランキングへ

昼前からフラ~っと丹沢の三ノ塔へ

昨日の土曜日、10時半頃に家を出て、ちょっと遅めだったのですが丹沢まで行って来ました。

この時はマイカーを使用したのですが、時間が時間だけにさすがに道は混んでいましたね・・・。

いつもなら1時間ちょっとの道程なのに、一時間半以上かかってしまいました。

取り付き口である菩提の駐車場に車を停め、日本武尊ルート直登で二ノ塔経由で三ノ塔まで一気に登り、そして景色を一瞬堪能した後は即座に下山。

車利用にもかかわらず、家を10時過ぎに出て16時前には自宅に戻っているという、まぁ僕お決まりの短時間登山ですね(*`д´)~b



以下4枚は二ノ塔山頂直下の見晴台からショットです。
2010_12040001.jpg



気持ち良さそうだなぁ・・・。
2010_12040002.jpg



雪化粧した南アルプスもバッチリ見えました。
2010_12040003.jpg



富士山と南アルプスですね。
2010_12040004.jpg



前回の大山登山と同様、荷は水と行動食のみ。
軽かったのが良かったのか、二ノ塔まで写真タイムを入れても35分で登る事が出来ました。
2010_12040005.jpg



以下3枚は二ノ塔山頂からのショットです。
2010_12040006.jpg


2010_12040007.jpg


2010_12040008.jpg



12時20分に菩提の駐車場を発ち、13時10分に三ノ塔に到着しました。
2010_12040009.jpg


2010_12040010.jpg



いつもながら三ノ塔からのこの景色は素晴しい・・・。
2010_12040011.jpg



真鶴半島もバッチリ。
2010_12040012.jpg



もちろん、江ノ島もバッチリです!!
2010_12040013.jpg



これは秦野の街並みです。
2010_12040014.jpg



これは三ノ塔から二ノ塔へ向かう途中から写した一枚。
午後1時過ぎだというのに視界はとても良好!!
これもこの季節だからの恵みでしょうね。
2010_12040015.jpg



あっという間の三ノ塔ピストンでしたが、往復で2時間程度で登れるので、ちょっと体を動かしたい時には最適のコースといえるでしょう。


今年はあと何回丹沢に来れるか・・?


登り納めに、もう一回くらいは来たい・・・と思っています。



人気blogランキングへ

 | BLOG TOP |