プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛車の廃車~コンパクトカーの購入

今年の三月で14年目に突入する我が愛車『エスティマルシーダ』の廃車を決めました。

2009_10240006.jpg

2009_10240005.jpg


しかし完全に車と決別するわけではなく、コンパクトカーへの乗換という道を選択しました。

以前の記事で、マイカーは完全に廃止し公共交通機関を利用する決意を表明はしたものの、昨年の9月に子供が免許を取得したのをきっかけに、その考えが少しずつ変化したというのが実際のところしょうか・・・。

三月に我が家にやって来る新車君の詳細については、また後日という事になりますが、今回はトヨタ系某ディーラーの営業マンの一生懸命さに動かされ、アポ無しで試乗訪問した当日の晩に即決してしまいました。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


当日・・・・

いきなりトヨタ系某販売店にアポ無しで訪問し試乗を依頼。

試乗後に希望のオプション仕様を伝え、数分後には先方より見積りの提示。

驚いたのは、その場で一発目に提示されるであろうこちらの予想を上回る値引額を提示して来た事でした(早っ!)。

しかしこちらもWEBで全国平均の値引き相場を充分調べた上での訪問だったので、ネットで事前調査済みである事を告げた上でストレートに希望値引額を提示。

さて、その日の夕食時・・・

いきなり我が家に訪問して来たのは、先ほどのトヨタ系某ディーラーの営業マンではないですか!!

彼は、追加値引きの話から入りガソリン満タン引渡しの約束、トヨタのTSカード利用による現金キャッシュバックや期間内ETC利用による現金キャッシュバックの話などあらゆる特典をかき集め、最終的にはこちらの要望値引額に沿う形で価格の再提示をしてくれました。

そのレスポンスの良さと対応の速さに打たれ、その場で注文書の取り交わしを行い契約。

自分でもアッサリするほどトントンと、そして気持ち良く契約を済ます事が出来てしまいました(笑)

同系車種で合見積もりを取っていたH車系ディーラーの営業マンも感じはとても良かったのですが、こちらに対するアプローチといえば僕の携帯に電話をかけて来る事のみ(着暦のみの確認)・・・。

彼も、僕らが訪問した当日の晩にでも、我が家にゲリラ訪問して来るなどしたら状況は多少変わっていたかもしれません・・・。

いずれにしても上記のような経緯を踏み、コンパクトカーの購入と相成りました。

今のルシーダの車検が3月まで残っているので、新車の納車は3月に入ってからにしてもらうつもりです。

我が家にやって来る可愛い新車君については、また改めて記事にしたいと思っています。


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

カレーうどんの『若鯱家 トレッサ横浜店 』

愛知県を中心とした店舗展開をしているカレーうどんの店『若鯱家(ワカシャチヤ)』に行って来ました。

カテゴリー的な意味でいけば『うどん』は至極一般的な括りの範疇ですが、この『若鯱家』はその中でもカレーうどんというメニューを売りにしたところが、僕にとっては結構新鮮でした。

下の写真は、数種類ある中から僕が注文したランチセットです。

2010_01240002.jpg


麺は太めで腰があり、歯ごたえは充分。

普通のカレーうどんと一番違うところは、柔らかな口当たりの濃厚なカレールーでしょうか・・・。

一般的なおソバ屋さんのカレーうどんは、カレーの味と風味はするものの、味のベースは完全に蕎麦つゆといった感じですが、『若鯱家』のカレーうどんはルーがカレーそのものと言った感じでした。

このようなカレーうどんは今まで食べた事が無かったので、個人的には味わいを楽しみながら戴く事が出来たと思っています。

東京~神奈川エリアにはまだほとんど店舗が無い『若鯱家』ですが、一度このようなカレーうどんを食べておくのも、話のタネには良いかもしれませんね。


若鯱家 トレッサ横浜店 (うどん / 大倉山、綱島、菊名)
★★★☆☆ 3.0



若鯱家 トレッサ横浜店 ( 大倉山(神奈川) / うどん )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




人気blogランキングへ

『里のうどん』初訪問

自宅から鎌倉まで軽ウォーキングの途中に立ち寄ったのが、なかなか美味しいと言う評判のうどん屋さん『里のうどん』でした。

2010_01240001.jpg


うどん屋で美味しいとあらば、まずは何を差し置いてもうどんを食べないわけにはいきませんね!!

で、注文したのがありきたりではありますが・・・昼時定番のランチセットです。

価格の割にはボリュームがあり、全般的に美味しく戴くことが出来たのですが、途中からちょっと気になった事が・・・。

後から入って来た方達は、『ばら丼』とやらをやたら注文しているではありませんか・・・!?

これには何かあるな・・・??

疑問に感じた僕は、早速テーブル脇に避けられたメニューに手を延ばしました。


ここで改めてメニューを見直してみれば、確かに『ばら丼』の一言が入ったメニューがかなり多く、完全な単品または『半ばら丼』と言う立場で、うどんの相方としての地位も確立しているような感じではありませんか!!

帰りしなに食している方のテーブルを覗いたところ、厚切りの豚バラスライスを濃厚なタレで絡め、丼飯上に敷かれたキャベツの上に豪快に盛られた逸品でした(マジ旨そう・・・)。

店名にもあるメインのうどんよりも、サイドメニューっぽい丼物の方が人気があるというのもまた変な話ですが、これだけオーダーがあるという事は、やっぱり美味しいんでしょう・・・。

今回は関西風であっさり風味のうどんを美味しく戴きましたが、次回は絶対にこの『ばら丼』とやらを試さないわけにはいきませんね。


里のうどん 南藤沢店 (うどん / 藤沢、石上)
★★★☆☆ 3.0



里のうどん 南藤沢店 ( 藤沢 / うどん )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




人気blogランキングへ

中村屋 海老名店

先日曜日、『中村屋海老名店』に初めて行って来ました。

2010_01170002.jpg


以前より、昼時など前を通る度に行列が出来ていたのでかなり気になってはいたのですが、やっと初訪問の夢が叶ったという訳です。


僕が注文したのは下の写真にある『上中村屋の麺大盛(醤油)』です。

2010_01170001.jpg


炙りチャーシューにブロックのチャーシュー、そして半味玉が麺を覆い、見ているだけで否が応でも腹の虫が鳴りだしてしまいそうですね。

麺はソウメンのような細麺ですが、それなりに歯ごたえのある食感。

スープも和風ダシが利いていてアッサリ感の強いスープであるにもかかわらず、麺によく絡み喉越し良く胃の中に吸収されていく感じは、この細麺ならではなのかもしれません。

しかし何と言っても、極めつけはチャーシューですね。

ラーメンの具材としてその存在を全うしてしまうには、もったいないくらいの絶品です。

麺の上に散りばめられたブロックと炙りチャーシューだけで、ご飯一杯が軽く行けてしまう事は間違いありません。

贅沢な具材と独特の細麺が中村屋のラーメンの魅力と思いきや、平打麺へもわずかな追加料金で変更が可能とあっては、次回はこの平打麺を食する以外に選択肢は無いでしょうね(*^-^)b


中村屋 (ラーメン / 海老名)
★★★★ 4.0



中村屋 ( 海老名 / ラーメン一般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




人気blogランキングへ

PORTER

僕にとってのタウンやビジネスユースのカバンと言えば『サムソナイト』か『TUMI』。

それ以外のメーカーには全く興味がなかったのですが、家内から昨年のクリスマスプレゼントでタウンユースショルダーの『PORTER』を貰ったのをきっかけに、その考えを改めなければいけないブランドが、ひとつばかり増える事になりました。

使い始めて日が浅いので、使用勝手上の観点からの判断ではありません。

決め手になったポイントは、品質保証の一点でした。

一流と言われているメーカーであれば、この程度の品質保証制度は決して珍しい事ではないのですが、ご多分に漏れず『PORTER』も保証の点では充分に満足の行くものでしたね。

僕が現在愛用しているビジネスユースの『サムソナイト』やタウンユースの『TUMI』などは、許容範囲を超えた重量物を詰め込み、五年以上にも渡り酷使しているにもかかわらず全く壊れない逸品。

PORTER』がその様なタフさを秘めた商品かはわかりませんが、その点はいずれ明らかになる事でしょう。

衣装(洋服)同様、カバンは持ち主のセンスを表す『顔』の様なモノ・・・。

安いモノを次々と買い替えるより、高くても良い商品を末永く使い続ける方が、刻まれたシワと同様に年輪を積み重ねた良い顔の如く、その姿を表情として表してくれると思っています。


人気blogランキングへ

大山トレッキングの後は、江ノ島散策へ・・・

昨日(10日)、午前中は丹沢の大山に登って来たのですが、午後はクールダウンを兼ねて自宅から江ノ島まで歩いて来ました。

二時前に家を出て藤沢で所用を済ませ、江ノ電沿いをしばらく歩き、境川にぶつかったところからは川沿いを歩くいつものコースです。


かなりクネクネに曲がった状態の境川ですが、下の写真のように江ノ島の灯台を拝めるところがあり、こういう場所で一服すると歩く際の気分転換になりますね。
2010_01100013.jpg



江ノ島に着いてから、駅前のサンクスでビールとつまみを購入し、江ノ島大橋の東側に位置するコンクリートの土手で暮れ行く夕日を眺めながら乾杯!!
2010_01100017.jpg



寒かったけど、美しい夕日に少し感動・・・。
2010_01100014.jpg

2010_01100015.jpg



境川を挟んだ対岸には、江ノ島の隠れた有名飲食店『江ノ島小屋』が真正面に・・・。
2010_01100016.jpg



真ん中にある小さな黒点はカヌーです。
2010_01100018.jpg



いつもなら、ビールを飲んだらそのまま帰宅・・・というところですが、初詣に行っていなかったので江島神社まで足を延ばすことにしました。


下の2枚は、島に向かう橋の上からのスナップです。

富士山もうっすらと見えました。
2010_01100019.jpg


午前中に登って来た大山です。
この江ノ島というところは、丹沢の山塊が見事に一望できる名スポットと言えるかもしれませんね。
2010_01100020.jpg



青銅の鳥居から先、かなりの観光(参拝)客で賑わう中、やっと朱の鳥居に到着です。
2010_01100021.jpg



朱の鳥居から少しばかり階段を上がれば、江島神社です。
時間は四時をかなり回っていたのに、かなりの人が並んでおられました。
2010_01100022.jpg



江島神社の帰り道から写したスナップです。
島内に入る車はもとより、左の人専用の橋も大渋滞・・・。
2010_01100023.jpg



島から離れ、橋の上からもう一度だけ富士山をスナップしました。
日本画のような美しさに皆さん足を止め、かなりの方々がこの橋の上から写真を撮られていました。
2010_01100024.jpg



これは片瀬江ノ島駅前の橋上から写した江ノ島です。
海岸線上りの国道は相変わらずの混み方でした。
2010_01100026.jpg



一年間という季節の中で、今が寒さのピークを迎えている江ノ島ですが、あとふた月もすれば寒さも和らぎ、また違った形で僕らを受け入れてくれる事でしょう。


人気blogランキングへ

2週連続 大山リハビリトレッキング

年末年始休暇中の1月3日、5ヶ月振りに大山トレッキングに行った事は既に記事にしたとおりですが、空きすぎたブランク期間中に鈍り果てた体力の回復を祈念し、10日の今日も蓑毛~大山~ヤビツ峠を歩いて来ました。

家内の風邪が移ったのが、喉に痛みを感じながらの山行きになってしまったのですが、多少の風邪くらいなら汗と一緒に風邪も流してしまおうという自分なりの判断で、決行と相成ったわけです。


蓑毛バス停を6時53分に出発し、大山山頂には8時28分着。

ブランク明け一発目の一週間前は2時間かかったコースタイムが、今回は1時間35分で登る事が出来たのには、我ながらビックリしました。


登り始めて約30分。
蓑毛から登るこのルートでは、初めて鹿に遭遇しました。
2010_01100001.jpg

子馬ほどの大きさをした女鹿三頭でしたが、目指す方向が同じだったのか(?)、後々二回ほどこの三頭に出会いました。
2010_01100002.jpg



途中の展望スペースからの一枚です。
今日は、江ノ島がバッチリ見えました。
2010_01100003.jpg



雲ひとつ無い素晴しい好天・・・。
2010_01100004.jpg



展望スペースからちょっと登れば富士見台です。
2010_01100005.jpg

下は富士見台からの二枚。
2010_01100006.jpg

2010_01100007.jpg




下の写真は、山頂着後に写した江ノ島です。
先ほどの展望スペースからの江ノ島の方がシルエットとしては綺麗に見えました。
そうは言っても、陽光を背後に従えた江ノ島は、ちょっと神秘的ですね。
2010_01100008.jpg




みなとみらいの高層ビル群も肉眼では確認出来たのですが、写真に納める事はちょっと厳しかったかな・・・。
2010_01100009.jpg


帰りはイタツミ尾根経由でヤビツ峠に向かいました。



これは25丁目から少しヤビツ峠寄の展望スペースから写した二枚です。
2010_01100011.jpg

2010_01100012.jpg


イタツミ尾根を登るトレッカーとの対面渋滞にハマる事もなく、約三十分強でヤビツ峠に到着。

ヤビツ峠発9時51分の秦野行きに乗車し、午前中には楽勝で自宅に到着しました。

今年二回目のブランクリカバリー登山も無事に終了し、午後は午後で江ノ島まで散歩がてら歩いた事については、また次回記事にしたく思います。


人気blogランキングへ


疲れない山の歩き方

先般(1月3日)、正月ボケでダレた体に気合いを入れるため、5か月振りに丹沢の大山に登って来ました。

その時の記事はこちらです。


起点は蓑毛バス停。

多少のアップダウンを加味すれば1,000㍍弱の累積標高差を登ることになるので、それなりの運動量を消費する登山コースなのですが、当初の思いよりかは疲れずに登る事が出来ました。

普段からタバコを吸い、缶ビールを毎日5本ほど飲んでいる僕が、何故それほど疲れずに登れたのか・・・?

その理由は、登り方にあったと実感(当たり前の事かもしれませんが・・・)しています。

通常であれば、登り初めて徐々に脈拍数が上がり始め、次に息が少しずつ上がる(呼吸が荒くなる)段を踏む形になるのですが、僕の場合は脈拍が上がった時点で運動量をその状態でピタッと抑え(要はその状態を継続し)、そのペースを維持し続けたワケです。

登山入門書などに、「会話が出来る程度のペースで登ると疲れにくい」等のアドバイスが記述されているのをよく見かけますが、まさにその登り方そのものを実行したんですね。

この感覚は、実際に何回か意識して山に登ってみないと、なかなか得難い感覚と言えるかもしれませんが、効果がある事は僕自身が実証済みなので間違いありません。

冒頭に記述した5か月振りの大山トレッキングで、一度も休む事無く山頂に到達する事が出来たのも、『脈拍は上がっても息が上がらないペース』で登り続けたからに他ならないと実感しています。

これから山登りを始めようと思われている方で、偶然この記事をお読み頂いた方々の多少なりとも参考になればと思い、自身の実体験を書いてみました。



人気blogランキングへ

正月休み最終日は独りで江ノ島へ・・・

休みも今日でおしまい・・・。

家内と子供は昨日からバーゲン会場に通い詰めで今日も朝から不在のため、久し振りに江ノ島まで散歩に行ってきました。

今回のルートは、自宅~藤沢駅~片瀬東浜~江ノ島~鵠沼海岸~藤沢駅。

歩行距離約15キロ程度の歩くにはちょうど良い距離ですね。

独りでのんびりと街中のお店を観察しながらの散歩は、これはこれで結構乙なものでした。



下の2枚は、東浜海岸から三浦半島に向かって写したスナップです。
判りにくいかもしれませんが、三浦半島の突端までハッキリと見えていました。
2010_01040002.jpg

2010_01040003.jpg



同じ場所から写した江ノ島です。
2010_01040004.jpg



これは見事ですね!!
子供が書いたんでしょうか・・・?
顔の絵がバランスよく上手に書かれていました。
2010_01040005.jpg



14時20分だって言うのに、島内を目指す車で江ノ島大橋は大渋滞・・・。
電車で来れば良いのにね。
2010_01040006.jpg



箱根の山々も見渡す事が出来ました。
2010_01040007.jpg



下の2枚は西浜から写したスナップですが、江ノ島の右手に大島がうっすらと・・・。
2010_01040008.jpg

これは拡大写真です。
何となくですが判るでしょう・・・?
2010_01040009.jpg



サーファーの皆さん。
くれぐれもお風邪など召されぬように・・・。
2010_01040010.jpg



最後に西浜からの全景スナップを一枚。
2010_01040011.jpg



江ノ島の魅力っていうのは一概には言えませんが、自宅から歩ける距離にこの江ノ島があることを、つくづく幸せだなぁ・・・・、と強く感じた今日一日でした。


人気blogランキングへ

焼肉ザンマイ 再び・・・

三が日最終日の昨日は、飲み過ぎでダレた体に気合い入れのために、5か月振りに大山トレッキングに行った事は、前回記事にした通りですが、帰った晩に早速逆戻りの生活に戻ってしまいました(*´Д`)=з

外食のために出向いた先は、以前にも記事にした事のある湘南台の焼肉屋『ザンマイ』です。

しかし、ここは一品の量がマジで大過ぎ(^o^;)

年齢的に五十を前にしたオッサンには、かなりキツいですな、正直なところ・・・。

大不況の今時、この価格でこれだけの量を提供してくれるという事は、大変ありがたい事ではありますし、また感謝もしてはおりますが、でもオッサンにはやっぱりキツイ(〒_〒)

今回も最後に注文した〆の料理以外は、全て最初に注文した数皿で事足りてしまいましたf^_^;

ありがたく幸せな気分に浸れる『ザンマイ』ではありますが、この店は若いグループもしくは多人数での訪問でないと2~3種類でお腹が一杯になってしまう事は間違いの無い事実・・・。

割高でもいいから、今のサイズの半分の量でオーダーを受けてくれたら、この上ない幸せなんだけどなぁ・・・(^人^)


焼肉 ざんまい 湘南台店 (焼肉 / 湘南台)
★★★☆☆ 3.0



焼肉 ザンマイ 湘南台店 ( 湘南台 / 焼肉 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




人気blogランキングへ

ダレた体に鞭を入れた5ヶ月ぶりの大山トレッキング

三が日最終日の今日、飲み過ぎでダレた体に気合いを入れるため、5か月振りに丹沢の大山に登って来ました。

実はこの大山トレッキングが都合100回目の登山となり、自分としても記念の山行きとなりました。

しかし持病の腰の塩梅は今ひとつだったので、アスリート用コルセットで腰をガッチリと固定しての山行き・・・。

多少不安はあったものの、社会復帰を二日後に控えたダレた体には、もってこいの気合い入れとなりました。


いつもの通り蓑毛バス停をスタート地点とし、イタツミ尾根に合流してから大山山頂に至り、帰路は見晴台経由で下社に下り、男坂から大山ケーブルバス停に戻るという、至ってスタンダードなコースとなりましたが、5か月振りの体には丁度良い運動となりました。


蓑毛バス停を7時00分に経ち、大山山頂には8時58分に到着。

いつもなら一時間半で踏破するコースですが、さすがに5か月振りの今回は二時間ほどかかってしまったのはご愛嬌でしょうf^_^;

ここ数日は天候に恵まれていたので、今日も大パノラマの絶景を期待していたのですが、日差しが温かく気温が上がったためか多少ガスっており、期待していた景観には遭遇出来ず終いでした。



下の写真は大山山頂から江ノ島方面に向かって写した一枚ですが、ご覧の通りのガスり具合でした。
2010_01030001.jpg



下の二枚は、東京~横浜の東方面に向かって写した写真です。
海側よりも明らかにガスは薄かったですね。
2010_01030002.jpg

2010_01030003.jpg



山頂では30分ほど休憩しました。
2010_01030004.jpg



下は山頂から見晴台への下山途中に写した一枚です。
写真では確認出来ませんが、この辺りからやっと江ノ島を肉眼で確認する事が出来るようになりました。
2010_01030005.jpg



下の二枚は、より下ったところから多少位置を変えて写した江ノ島です。
ここまで来ると、写真でも確認出来ますね。
2010_01030006.jpg

2010_01030007.jpg



見晴台には10時25分頃着きました。
大山山頂が彼方に見てとれますね。
2010_01030008.jpg



摂社の二重社で参拝(^人^)
2010_01030011.jpg



二重滝も一応スナップしておきました。
2010_01030010.jpg



下の写真は、下社にさしかかる少し手前にありました!!
ちょっと古かったけど、怖いですね・・・。
2010_01030012.jpg



最後は男坂を下り、足が大笑いした状態でバスに乗り込む形になりはしましたが、久しぶりの山歩きは本当に気持ち良かったです(^-^)/



今朝方、何やかんや理由を付けて行くのを辞めようとしていた自分とは裏腹に、帰路の電車の中では『今年も最低20回は行きたい!!』と考えている僕が居たのでありました・・・。


人気blogランキングへ

年末年始恒例『南伊豆温泉旅行』三日目(最終日)

今日は一月一日(ノ^^)八(^^ )ノ

南伊豆温泉ツアーも最終日を迎えました。

定宿『花さと』で出される元旦の朝食メニューは、ちょっと他の宿ではお目にかかれないかもしれません('-^*)/

まぁその内容については、元旦に行った方だけが知りうる秘密としておきましょう(b^-゜)

宿を後にしたのは、チェックアウト時間ギリギリの9時50分。

海岸沿いを走る上りの帰り道は混んでいるかと思いきや、国道の八幡野の交差点で30分程度の渋滞にはまった以外は、すこぶる順調に車を走らせる事が出来たのは、超ラッキーでした。


下の写真は、八幡野交差点よりだいぶ手前、赤沢の日帰り温泉近辺の渋滞中の車内から写した一枚です。

2010_01010015.jpg



この南伊豆で過ごした年末年始の天候は、嵐のような暴風が吹き荒れてはいたものの、天候的には素晴らしい好天に恵まれた最高の年越し連休だったと言えるでしょう。

今年の年末も、家族全員で元気に再訪出来る事を願いつつ、今回の年末年始恒例南伊豆温泉ツアーも幕を閉じる事となりました・・・とさm(_ _)m


※年末年始恒例『南伊豆温泉ツアー』初日はこちら

※年末年始恒例『南伊豆温泉ツアー』二日目はこちら


人気blogランキングへ

年末年始恒例『南伊豆温泉旅行』二日目

年末年始恒例の南伊豆温泉ツアーも二日目を迎えました。

この南伊豆に位置する『花さと』には都合で四十泊はしているので、正直なところ伊豆半島下部で行っていない観光地は無い状態・・・。

二日目の31日も、どうでも良いような近場をフラフラとドライブしてやり過ごす事と相成りました。


昨晩、かなりの量の焼酎を飲んでしまったため、やや二日酔い気味で訪れた一件目は『南伊豆アロエセンター』でした(^O^)/
CA340351.jpg


まぁ特にコレと言って珍しい商品があるわけでもなく、アロエゼリーという何だか訳の分からないモノを土産物として購入し、ここは早々に退散・・・。


以下は、『南伊豆アロエセンター』以降に訪れた二日目の訪問先です(^o^;)

☆ハックドラッグ~ローソン~マックスバリュー~下田東急~伊豆急下田駅近辺の土産屋~エネオス~弓ヶ浜海岸・・・f^_^;

2010_01010001.jpg

2010_01010002.jpg


これといった観光地には廻らず、近場のスーパーやドラッグストア等を廻り二日目の外回りは終了となりました。


宿に戻ってからは、一風呂浴びた後、例によって食前酒を戴くために『湊カフェ』へ・・・。


しかし、薪ストーブの温かさは最高ですね・・・。
2010_01010003.jpg


下の二枚は、流木に拾った貝を吊るして作った手作りのオブジェです。
2010_01010004.jpg

2010_01010005.jpg


これは、昔ながらの編み方で編んだブイ。
今では珍しい一品ですね。
2010_01010007.jpg



この日も生ビールと芋ロックが、食前酒となった事は言うまでもありませんσ(^-^;)
2010_01010006.jpg



食前酒(?)を一気に飲み干した後は宿に戻って夕食です。
定宿『花さと』に来て、一番のイベントは何と言ってもこの夕食!!

2010_01010008.jpg

2010_01010013.jpg



アルバイトと忘年会の予定が既に入っていたため、初日から参加出来なかった子供が今日から合流した事もあり、特別料理を三品ほど追加してしまいました・・・。

説明は不要ですな(#^-^#)

2010_01010009.jpg

2010_01010011.jpg

2010_01010010.jpg

2010_01010012.jpg



結局、この日も焼酎三昧の晩餐となり、激酔いの中、知らぬ間に年が替わっておりました・・・(^_^;)


※年末年始恒例『南伊豆温泉ツアー』初日はこちら

※年末年始恒例『南伊豆温泉ツアー』三日目はこちら


人気blogランキングへ

年末年始恒例『南伊豆温泉旅行』初日

12月30日から二泊三日の旅程で、毎年行き続けている南伊豆の温泉宿『花さと』に行って来ました。

藤沢からの道程は、国道一号線~真鶴新道~海岸沿いの至ってありきたりなコースであったにもかかわらず、渋滞に巻き込まれる事もなく拍子抜けするくらいに早い時間に着く事が出来たのはラッキーでした。



伊豆急下田駅の横に位置する『下田東急』で軽く買い物を済ませ、時間潰しで向かった先は『道の駅 下賀茂温泉 湯の花』です(^-^)/

CA340345.jpg

CA340344.jpg



家内はここで足湯に浸り、チェックインまでの時間稼ぎに貢献(^o^;)
CA340342.jpg



手湯なんていうのもありました。
CA340343.jpg


ここで小一時間ほど時間を潰し、三時ジャストに定宿『花さと』でチェックインを済ませました。


一風呂浴びた後、夕食前の食前酒(?)を頂くために、宿のすぐ下に位置する小粋なカフェ『湊カフェ』で戴いたのは、『生ビール』と『焼酎ロック』(=^▽^=)

CA340348.jpg


CA340349.jpg


食前酒にしては飲み過ぎた感がなくもありませんが(笑)、この後は『花さと』での素晴らしい夕食を堪能し、初日はこうして過ぎ去って行きましたとさ・・・。


※二日目の記事はこちら

※三日目の記事はこちら



人気blogランキングへ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。