プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


長谷寺の紅葉ライトアップ

先土曜日(28日)、鎌倉長谷寺の紅葉ライトアップを見て来ました(^-^)/

この『長谷寺紅葉ライトアップ』は一昨年以来の訪問だったのですが、前回と違い今年は比較的暖かく、待ち時間も苦に感じる事なく並ぶ事が出来たのはラッキーでした。


2009_11290004.jpg



さて、いよいよ開門です!!!

2009_11290005.jpg




数枚ですが、入門後の写真を写して来たので、下記にて御披露目したく思いますm(_ _)m


2009_11290006.jpg


2009_11290007.jpg


2009_11290008.jpg


2009_11290009.jpg


2009_11290010.jpg




下は、僕らが境内から出て来た時に待っていた方たちの写真です(^o^;)>
まぁとにかく、かなりの方たちが『長谷寺紅葉ライトアップ』を見るために並んでおられました(^_^;)


2009_11290013.jpg



秋の風物詩になりつつある『長谷寺紅葉ライトアップ』・・・(^ε^)

来年も是非来たく思っています。


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

Bergfeld(ベルグフェルド)長谷店

11月最後の土曜日だった昨日(28日)、鎌倉長谷寺の紅葉ライトアップを見に行く前に立ち寄ったのが、 長谷観音前の交差点からほど近くにあるパンとケーキの店『Bergfeld(ベルグフェルド)』でした。


2009_11290002.jpg



以前、会社の同僚から貰ったここ『Bergfeld(ベルグフェルド)』の焼き菓子が大変美味しく、それ以来気になっていたお店だったのですが、店内でのティータイムは今回が初めての事(*^_^*)

期待に胸を膨らませての入店と相成りましたf^_^;


ケーキによって価格は多少前後するものの、800円前後に設定された飲み物とのセットの中から、僕はホットコーヒーとモンブランを注文('-^*)/


2009_11290003.jpg


最初に結論を言ってしまえば・・・・

まぁお味の方は至って普通中の普通かな・・・( ̄^ ̄)

コーヒーも全然当たり前過ぎるほど普通だし、ケーキ(モンブランに限ってですが・・・)もこれといった特徴がある訳では無い様な気がしたのは、僕の味覚が音痴だからかな・・・??


長谷寺見学時の休憩等には、近場にこの様な洒落た茶店が無いだけに、利用者としては重宝するから訪問する程度で、わざわざ味を楽しみに来るお店とは違うといった印象を受けました┐(´ー`)┌

スターバックスで、プレスされた『ゴールドコーストブレンド』と『スコーン』を戴く方が、僕にとっては遥かに美味しく幸せなティータイムかな・・・(^o^)v-~~~

ベルグフェルド 長谷店 (パン / 長谷、由比ヶ浜、極楽寺)
★★☆☆☆ 2.5




人気blogランキングへ

本当に美しいバリ絵画

バリ雑貨以外にも地場の土産物販売、その他レストランなどちょっとしたアミューズメントパークみたいな感じの伊豆高原にあるドライブイン『かえる家』で、バリ島の絵画を2点ほど購入しました。


2009_11290016.jpg


美しい鳥をモチーフにした小さな絵です(〃⌒ー⌒〃)ゞ


2009_11290017.jpg


2009_11290018.jpg



しかし絵が小さいとは言え、バリの香を焚きながらガムランの音色を部屋内に響かせこの絵を見ていると、本当にバリ島にいるかのような錯覚に陥ってしまうのは、今回の様に絵を衝動買いしてしまったバリ好きの僕と同じような趣向を持つ人種には、ごく当たり前的な共通事項の様なものなのかもしれません・・・σ( ̄、 ̄=)


23年前にヌサドゥア、10年前にはスミニャック・・・・過去に2回ほど訪れたことのあるバリ島ですが、一番憧れているウブドには未だ訪問したことが無いんですね、これがまた・・・┐( ̄ヘ ̄)┌

 
今年度一杯で子供も大学を卒業しますε=( ̄。 ̄;)


家のローンもあるからちょくちょくは渡航出来ないけれど、1~2年の間には憧れのウブドに何日間かの滞在を実現したい!!!


そんな風に今、思っています。


人気blogランキングへ

    

『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・最終回

※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(1)はこちら

※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(2)はこちら

※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(3)はこちら



昨夜、結構飲みすぎた割には、さわやかな朝を迎えることが出来ました。



下は朝一のモーニングショットです。
心安らぐ広大な庭園には、日々の疲れを癒してくれる力がありますね。
2009_11220090.jpg



これはレストランのテラスです。
今の時期だとかなり寒いので僕らは利用しませんでしたが、時期によっては最高のシチュエーションを提供してくれるテラスですね。
2009_11220091.jpg



東屋風の休憩所です。
暖かい時期ならば、缶ビール片手にくつろぐには最高の場所!!
2009_11220093.jpg



バリ島のイメージを中心にしながらも、和との融合は見事といえるでしょう。
和洋折衷ならぬ見事な和印折衷ですね。
2009_11220095.jpg



宿泊棟の廊下に飾られていた彫り物です。
石かな・・・??
2009_11220094.jpg



さてさて、お待ちかねの朝食です。
バイキング形式の朝食スタイルは、今ではどこでもお馴染みですね。
ちなみに、下の写真はメニューのごく一部だけを写した一枚です。
種類は決して多いとは言えないかもしれませんが、一品毎の味はとても美味しかったですね。
2009_11220092.jpg



これは部屋の外に飾られていたカエルの石像です。
バリ島ではお守りとして崇められているようですね。
2009_11220096.jpg



楽しかった『アンダ』での時間ももう終わりです・・・。


スタッフの方達は皆さんとても良い方ばかりで、楽しく気持ちの良いホテルでの滞在時間を持つことが出来た事は、この旅行を企画した僕にとっては何よりも嬉しい事でした。



さて・・・チェックを済ませ、18時間滞在の後に行った先は提携施設の『かえる家』です。
ここでは有名なバリ絵画を2点とその他諸々のお土産を購入。
バリの絵は独特の手法を用いて描かれている本当に美しい装飾画で、以前から欲しかっただけに、ここで手に入れることが出来たのはラッキーでした!!
2009_11220098.jpg



帰りは伊豆スカイラインを利用(ラッキーな事に何と全線区間で¥200!!)しました。
下の写真は休憩した十国峠のドライブインです。
2009_11220099.jpg



6人乗車だったので、かなり重かった・・・。
しかしこの車・・・よく走るわ・・・。
2009_11220101.jpg



走行の総距離は9万キロ超!!
人間でいったら60歳くらいかな・・・?
この十国峠では、今回のトリップメーターは写真の通り197キロを示していましたが、自宅に着いたときには300キロを越えていました。
2009_11220100.jpg



一泊二日の直系親族親睦ツアーもこれにて終了・・・。


楽しい事はあっという間に過ぎ去っていくものですね・・・。

親孝行をしたい・・・と思ったときに親は無し・・・。

こんな思いをしないためにも、親が動ける今のうちにこれからも色々と親孝行をしよう・・・

・・・そんな事を思っています。



人気blogランキングへ

『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(3)

※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(1)はこちら

※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(2)はこちら



漫画を読みあさり、ビールを飲みながらマッサージチェアで体のコリをほぐした後は、ディナータイムに突入です。

前菜には新鮮なお刺身やサザエの壷焼などが出されたのですが、とにかく酔っ払ってしまっているものですから、写真を撮り損ねてしまいました・・・。

そう・・・、ディナータイムも全てのアルコールが飲み放題なものですから、写真どころではなく着座したとたんに乾杯になってしまったわけなんですね・・・。

ちなみに時期的な事もあり、今が旬のワイン『ボジョレ・ヌーボー』も飲み放題!!

赤ワインが大好きな僕にとっては、これまた最高のひと時と相成りました。



下の写真は、前菜の後のメインディッシュです。
2009_11220080.jpg



何の葉かは分かりませんが、葉っぱに包まれた豚肉の味噌での味付けはなかなかのものでした。
2009_11220081.jpg



これ、御飯が何杯でも行けちゃいますね、マジで!!
2009_11220082.jpg



これは伊豆の地酒です。
何ていうお酒だったかは・・・・・
飲みすぎていたんで忘れました・・・。
2009_11220084.jpg



ちなみに・・・
この時までに飲み干していたアルコールといえば・・・


缶ビール・・・2本
生ビール・・・1杯
赤ワイン・・・グラスで3杯
ジントニック・・・1杯
写真の地酒・・・1杯



既に、この時はもうそこそこの量を飲んではいたのですが、食事の後予約しておいたカラオケルームでちょこっと歌った後に、今度はバータイムでの赤ワインをまたまた1杯いただく事に・・・・。

この日はこれにてお開きとなり、ベッドに倒れこんだ後は翌朝まで起きることなく、深い眠りに落ち込んで行きましたとさ・・・・。


ということで、続きはまた下記にて・・・o(^◇^)/~


※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・最終回はこちら



人気blogランキングへ


 

『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(2)

※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(1)はこちら


7時間の渋滞ドライブはきつかった・・・。



ということで、やっと宿泊ホテル『アンダ別邸 伊豆一碧湖』に到着しました。
2009_11220097.jpg



インドネシアのバリ島をモチーフにして設計されている広大な敷地は、日本庭園の要素も微妙に織り交ぜられ、工夫と調和の空間に仕上げられています。
2009_11220019.jpg



ホテル内の廊下も、アジアンテイストたっぷりに仕上がられていました。
2009_11220020.jpg



部屋内の洗面所です。
TOTOの比較的新しい衛星器具が設置されており、設備の充実度もかなり高いと言えるでしょう。
2009_11220021.jpg



これも部屋内のバスルームです。
大きなバスルームにテレビが設置されているあたりは、リゾートホテル感を強く打ち出そうとの感覚が感じられ、ホテル側のこだわりを強く感じました。
2009_11220022.jpg



ベッドルームの奥には、美しい家具が備え付けられていました。
2009_11220025.jpg



段上がりで和室も用意されているのは、我々日本人には大変ありがたい設計ですね。
奥にあるのは、部屋内に設置されている使いたい放題のマッサージチェアです!!
2009_11220026.jpg



大型テレビが設置されている置き台には、冷蔵庫・ポット・電子レンジが備え付けられていました。
2009_11220027.jpg



ここで部屋から出て、館内を散策してみる事に・・・。


これはフロントにあった大きなチェア。
これに座って記念写真を撮っている方が多かったですね。
2009_11220029.jpg



下の4枚は、2階にあるライブラリーです。
本や漫画、DVDの貸し出し制度もあり、インターネットは自由に使うことが出来ます!!
2009_11220032.jpg

2009_11220041.jpg


すんげぇ漫画の数!!
2009_11220033.jpg


DVDもこの通り。
2009_11220034.jpg



2階からフロントのある1階に向けて写した1枚です。
ちょっと暗かったかな・・・。
2009_11220035.jpg



吹き抜けの天井からは、工芸品の照明があたりをほのかに照らし、優しさを演出しています。
2009_11220037.jpg



下の2枚は、時間制(要予約)で使えるカラオケBOX。
かなり広いので、大人数で使っても全く問題なし!!
2ルームありますが、カラオケをしたい方はチェックイン後に即予約が無難!!
2009_11220038.jpg


2009_11220039.jpg



館内を軽く流したあとは、自らの宿泊部屋に戻り設備の確認をしました。


さっきは気が付かなかったけど、洗面所にはPOLAの化粧品がズラリ!!
かなり高い商品のようですが、今回はここぞとばかり思いっきり使わせて頂きました!!
2009_11220042.jpg



テレビの置き台に組み込まれた冷蔵庫内には、人数分のビール・コーヒー・ウーロン茶・和菓子が用意されていました(もちろん無料です!!)。
2009_11220043.jpg



これもテレビ置き台に組み込まれていたポットです。
お茶とコーヒーが人数分用意されていました。
2009_11220044.jpg



これは和室に飾られていた木彫りの飾り物です。
なかなかの逸品ですよ!!
2009_11220045.jpg



これも和室にあったテーブルです。
面台中央には何か模様が・・・。
洒落た彫刻が施されており、ここでもアジアンな感覚にドップリ・・・。
2009_11220046.jpg



寝室には壁掛けテレビがセットされています。
居間・寝室・浴室の計3箇所にテレビがあるなんて、贅沢極まりないですね!!
2009_11220052.jpg



2009_11220055.jpgトイレにも最新の便器が設置されていました!!














漫画を読みあさり・・・
2009_11220058.jpg



ビールを飲んで・・・・
2009_11220059.jpg



マッサージチェアで
体のコリをほぐす・・・。




贅沢極まりない初日の到着後は、このようにして時間が過ぎて行きました・・・。
さて、そろそろ夕食の時間ですね・・・。


以降はまた下記にて、ご報告したく思います(* ̄▽ ̄)ノ~~


※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(3)はこちら


人気blogランキングへ

『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(1)

我が家族を含めた直系の三家族で、静岡県伊東市吉田にある『アンダ別邸 伊豆一碧湖』に行って来ました。

三連休の初日ということもあり、大渋滞にはまりまくった一日目にはなりましたが、そんな道中の写真も含めたレポ写真を以下にご紹介したく思います。



ラジオの情報によると、高速道路の渋滞情報がヒートアップしつつあったため、ここは一考の末にあえて一般道を走っていく事にしました。
しかし、実家の町田から大井の手前、寄(ヤドリギ)まで来るのにかかった時間は何と4時間!!
途中、2回だけコンビニでトイレ休憩を取っただけなのに、まさかこんなに時間がかかるとは・・・。


下の写真は、車中からの寄近辺R246沿いの紅葉です。
2009_11220009.jpg


2009_11220010.jpg



R246からそれて小田原方面に南下し始めたところで、やっとまともに走れるようになりました。
2009_11220014.jpg



JR早川駅を過ぎ、西湘バイパスとの合流地点です。
ここで14時半・・・。
高速道路が混んでいたので一般道を走り続けて来たとはいえ、まさかここまで5時間もかかるとは・・・。
2009_11220015.jpg


2009_11220016.jpg



初島がお出迎えです!!
2009_11220018.jpg




16時半、やっと宿泊ホテルの『アンダ別邸 伊豆一碧湖』に到着しました。
ここまでの所要時間は何と7時間・・・。
観光地を回ってからチェックインするつもりだったのですが、三連休を甘く見ていたってところかな・・・。
2009_11220097.jpg



ここは一般の宿泊施設とはチェックイン~アウトの時間管理システムがかなり変わっており、チェックインは何と24時間いつでもOK!!

またチェックアウトも翌朝の10時とか11時という一般的な宿泊施設とは違い、インからの時間起算で自分の選択時間以内にチェックアウトすればOKという全く新しい時間管理システム(滞在時間のチョイスは3パターンから選択可能)になっています。

例えば、18時間滞在なら翌日の午後3時までのんびりしたければ、チェックインの時間を夜の9時にすれば良いだけのこと!!

ましてや今回の宿泊プランは、部屋内の冷蔵庫内の飲み物から夕食事時、おまけにバータイムのアルコールも全て飲み放題というオマケ付き(・_・)!!!


今までに無かった気になるホテル『アンダ別邸 伊豆一碧湖』の詳細については、次回早々にレポしたく思います。


と言う事で、今回のところはこれにて失礼・・・・(⌒ー⌒)ノ


※『アンダ別邸 伊豆一碧湖』・・・その(2)はこちら


人気blogランキングへ




ちょっと早かった宮ヶ瀬の紅葉・・・

昨日とは大違いの大晴天の今日(15日)、ドライブがてら宮ヶ瀬まで行って来ました。


駐車場は混んではいたものの、2~3分の待ち時間で停める事が出来たのはラッキー!!

まずは大つり橋にご挨拶ですね・・・
CA340303.jpg



高取山の紅葉も少しばかり色付いて来ましたね。
CA340304.jpg



CA340305.jpg昨日は昼も夜も外食で散財してしまったので、今日はおとなしくおにぎりと豚汁で済ませました・・・。
家内と2人分で1,250円!!
安く上がった~!!







駐車場脇のもみじです。
これは綺麗だったなぁ・・・。
CA340306.jpg

CA340307.jpg



お腹も一杯になり少しばかり園内を散策しました。
これは見晴台からの一枚です。
写真中央下の大木の紅葉は見事でした!!
CA340308.jpg



先ほど同様、高取山の紅葉です。
CA340309.jpg



下の写真は帰りの信号待ちの車の中から仏果山方面に向けて写した一枚。
場所によって紅葉の進捗具合がかなり違うので、一概には言い切れないところもありますが、あと1~2週間でピークを迎えるくらいじゃないでしょうかね・・・。
CA340311.jpg



今日一日でかかった費用はガソリン代と昼食代金の1,250円(2人分)だけ・・・。
こんな休日の使い方もまたありですね・・・!!



人気blogランキングへ



イヤムプシャナーでの休日ランチ

雨模様で強風の今日(14日)、横浜市中区若葉町にあるお気に入りのタイレストラン『イヤムプシャナー』に、藤沢からわざわざ出かけて行って来ました(〃⌒ー⌒〃)ゞ


雨脚の強さに服をビッショリ濡らせながらも、寒さに怯むことなく店に入るなりいきなり注文したのはいつものように生ビールです!!
しかし真昼間っから飲むビールは本当に旨い!!
休日の外食時にはビールは絶対に欠かせませんな・・・。
2009_11140061.jpg



さっそく家内が注文した『チャーハンとトムヤムラーメンのランチセット』が来ました(奥はサラダの小鉢です)。
しかしこのチャーハンは、いつ食べてもマジで旨い!!
前回の訪問時にも書きましたが、濃くもなく薄くもない味付けは絶妙ですね・・・m( __ __ )m
2009_11140062.jpg



小鉢に入ったトムヤムラーメン。
日本にいながらにタイを満喫・・・♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
2009_11140063.jpg



これは僕が注文した鳥ラーメンです。
別のタイ料理店で食べた鳥ラーメンとは、かなり味付けが違っていましたね。
どっちが良いとか悪いとかではなく、これも店の個性なんでしょうね・・・( ̄ヘ ̄)
2009_11140064.jpg



〆のデザートです。
マンゴーか何かが入った芋のプリン・・・???
よく分からないところがタイっぽくてよろしいじゃぁあ~りませんか!!
2009_11140065.jpg



僕自身は会社が近い事もあり、ひと月に一回ペースで来てはいるのですが、なかなか来れなかった家内は数ヶ月ぶりの『イヤム・ランチ』だっただけに、大満足だった様です!!


来月はここ『イヤムプシャナー』で、所属部署と取引先を集めて忘年会を執り行う予定です。
その時のメニューは『タイスキ』!!!


今から楽しみです・・・((o(゚▽゚○)(○゚▽゚)o))


イヤムプシャナー ( 黄金町 / タイ料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


人気blogランキングへ

あつぎ国際大道芸 2009 & 厚木グルメ

8日の昨日、本厚木で開かれている『あつぎ国際大道芸 2009』に、ちょこっと行って来ました。
 

2009_11080001.jpg最大金額1000円のコインパーキングに駐車した後、最初に向かったのは『アート楽市』の広場。











2009_11080003.jpg最初の見事なパフォーマンスを観賞した後、お次は様々な創作展示品に感心しきり・・・。 











出展者みなさんのオリジナル創作品を充分堪能した後、『あつぎグルメフェア』の会場へと足を運びました。
2009_11080004.jpg



お目当ての最初は、こちらの屋台のタイ料理屋さん。
2009_11080005.jpg



これはソムタム用の具材ですね。
2009_11080006.jpg



当然の事ながら我が家はこのソムタムを注文したのですが、唐辛子を磨り潰すところからの手作業にはビックリ!!
初めて本場の調理の仕方を見れたことは、ちょっと感動モノでした!!
2009_11080007.jpg



これで500円!!
結構な量があり、味も辛さも抜群でしたね!!
2009_11080008.jpg



これはトムヤムラーメンです。
味は他店と比べても至って普通な感じでしたが、価格(500円)の割にはお椀がちょっと小さすぎたかな・・・。
2009_11080009.jpg



これは、どことかのコンクールで優勝したというウィンナーの盛り合わせですね。
3本で500円・・・。
まぁ、祭りだから仕方ないか・・・。
2009_11080010.jpg



ここで『あつぎグルメフェア』の会場から、場所を『まち元気物産フェア』の会場に移動しました。
写真は『シロコロホルモン』の販売ブースです。
2009_11080011.jpg



とにかく大繁盛でしたね、ここは・・・。
2009_11080012.jpg



これは『シロコロホルモン』隣のブースの『厚木バーガー』のブースですが、『シロコロ』ほどではないにしろ、かなりのギャラリーが並ぶ人気ブースでした。
2009_11080013.jpg



これが大人気の『シロコロ』です!!
6~7個入って300円(高過ぎだよっ)!!
キャベツは入らんから、『シロコロ』をもっと入れて欲しかったですね。
2009_11080014.jpg



これもこの会場でかなりの人気があった『厚木バーガー』!!
2009_11080015.jpg



豚肉を味噌焼きしているのが特徴なんでしょうね。
それなりに美味しく頂きました。
2009_11080016.jpg



摘み食いのような感じで数種類の食事を頂いたので、お腹は一杯に・・・。
本当はもっとたくさんの大道芸を観賞したかったのですが、動くのが億劫になりここからは場所を変えて海老名のビナウォークに行き、軽くショッピングをしてから家路に着きました。


来年は、9月にB級グルメの選手権がこの厚木で開かれるとのことです!!
今から来年が楽しみだ~~~~!!


人気blogランキングへ


バーのようなラーメン屋さん『ZUND-BAR』

山の師匠でもあり、お友達でもある友人のKenさんが、以前行かれて大変美味しかったとの話を記事にされていたのを思い出し、好天の今日早速『ZUND-BAR(ズンド・バー)』 に行って見る事にしました。


色々と調べてみると、場所が分かりにくいとの事・・・。

しかし小道に入る道路上にはこのような大きな看板が出ているので、見落とすことなく無事にお店に着く事が出来ました。

2009_1103ズンドバー0003

2009_1103ズンドバー0004

2009_1103ズンドバー0005



11時OPENですが、僕らは15分ほど前に到着。
既に数人の方が待たれていたのですが、入店後はすぐ席に着く事が出来ひと安心。

僕は前からのお目当て、『Zund Bar Classic こってり・醤油』を注文しました。


下の写真は、Zund Bar Classicの小鉢、御飯の上にラーメン用のトッピングが乗せられた丼です!!
具材をラーメンの上に移動した後も具のタレが御飯に染み込んでいて、これが旨いのなんの!!

2009_1103ズンドバー0001



麺は細麺でシコシコ!!
和風ダシが効いたスープは、こってり味を注文したにもかかわらず、かなりあっさり感のある仕立てでした。
巷で流行りのこってり味とはかなり異なるので、もし『Zund Bar Classic』を初めて食べられる方がいたとしたら、まずはこってりを食されるのがよろしいかと思います。

2009_1103ズンドバー0002


価格は¥1,100。

高いか安いかは微妙なところですが、店の基本である接客対応の気持ちよさもあり、僕的にはこの価格でもまた来たく思いました。

これからの紅葉の時期、宮ヶ瀬 あたりを散策しがてら立ち寄るのには持って来いかもしれません!!


ZUND-BAR (ラーメン / 本厚木)
★★★★ 4.0


ZUND-BAR ( / 醤油ラーメン )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




人気blogランキングへ

初訪問 『やよい鮨 善行本店』

新鮮な魚が食べたいと言う衝動から行ってきたのが、藤沢市の善行にある『やよい鮨 善行本店』 。

回転寿司しか縁の無い我が家にとっては、本当に久しぶりの「お寿司屋さん」への訪問となり、緊張の面持ちで暖簾を分けて入店・・・。

カウンターと座敷が広がる店内で、僕らは足を延ばせる座敷に席を取りました。


まずはエビス生で乾杯です!!

2009_10310001.jpg



全部の料理の写真を写してきたわけではありませんが、数枚ほど料理の写真を下記したく思います。

2009_10310002.jpg


2009_10310003.jpg


2009_10310004.jpg



会津産の馬刺し(赤身)も結構美味しかったですね。

2009_10310005.jpg


2009_10310006.jpg


2009_10310007.jpg



ちょこちょこ摘まんでいたら結構お腹が一杯になってしまい、これは〆に頼んだ握り鮨です。

2009_10310008.jpg



この時の飲食代金は、焼酎のボトルをキープしたにもかかわらず、三人で14,000円強でした。

ハッキリ言ってかなり安くて良心的だと思います!!


藤沢近辺の飲食店というと、藤沢駅周辺か湘南台辺りに足を向けがちですが、善行みたいなローカル駅にもこんなに美味しいお鮨屋さんがあるとはビックリ!!

ボトル(期限は特に設定していないとの事!!!)も入れたことだし、近々にまた伺いたいと思っています。


やよい鮨 善行本店 (寿司 / 善行)
★★★★ 4.0


やよい鮨 ( 善行 / 寿司 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




人気blogランキングへ

 | BLOG TOP |