プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


久々の山下公園・・・

昨日29日の午後、久しぶりに横浜の山下公園に行って来ました(^-^)/

本来の目的は、山下町にあるスワニーと言う生地販売のお店で縫製用生地を購入する事だったのですが、余りの種類の多さに目移りしてしまい、日を改めて出直す事にしました(^_^;)

その後は、時間も早かった事から山下公園で一休みしようかという事になり、近くの明治屋でビールとポテチを購入し、いざ山下公園へ・・・(^ε^)♪
DSCF2550.jpg


イヤイヤ、しかし凄い数の人だったなぁ・・・(>_<)
DSCF2551.jpg


空いている芝地を探し、そこでいつものように乾杯しました(ノ^^)八(^^ )ノ

これは氷川丸ですね・・・、定番です・・・。
DSCF2552.jpg


大桟橋の向こうには、みなとみらいのビル群が一望。
DSCF2553.jpg


衣装替えしたマリンタワー。
ちょっとメカニカルな感じになったかな・・・。
DSCF2554.jpg


夕日をバックにした噴水が綺麗でした。
DSCF2555.jpg


聳え立つホテル・ニューグランド・・・。
DSCF2556.jpg


そんなこんなで約30分ほど休憩し、夕方になってもまだまだ人出で賑わう山下公園を後にする事に・・・(*^ー^)ノ

このところ週に一度は江ノ島で海原を眺めながらビールを嗜んでいるのですが、やはり海というモノには偉大な何かがあるんでしょうか・・・( ̄ー ̄)

この山下公園でも景観は全く異なるものの、海を眺めている時の感覚としては非常に近いものがあり、気分をリラックスさせてくれる何かがありましたね(^o^)v-~~~

もうすぐGW\(^_^)/

休みの間、海を眺めながらビールを飲む回数は何回くらいなんだろう・・・(^o^;)

そんな事がふと気になった、祝日の一日となりましたとさ・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

休日恒例 江ノ島散歩 ~~-y( ̄▽ ̄*)

19日の日曜日、午後からまたまた懲りずに江ノ島まで歩いて行って来ました。

自宅から境川沿いの遊歩道に出てそこから藤沢まで歩き、藤沢からは江ノ電沿いを歩いて行くお決まりのコース(*`▼´*)b
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0016


川沿いはまだ多少肌寒い感がありはしましたが、何にも考えずに景色や家屋そして沿線に咲く花を見て歩くのは本当にリラックス出来ますね・・・( ̄▽ ̄)。o0○
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0017


江ノ島では国道沿いのサンクスでビールとつまみを購入し、海岸縁で腰を下ろしながら軽く一杯・・・(*^Q^)c[]
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0018


2009_0419シーカヤックお遊びツアー0020


これからの季節、休日の夕方の時間をこうやって過ごすのが、お決まりのパターンになりそう・・・
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0021


そんな感じがしてたまらない、日曜日の夕方でしたとさ( ∇)y-。ο ○


人気blogランキングへ

幼児と共に三ノ塔へ・・・

急遽都合が悪くなり、ドタキャンになったメンバーを除いた会社の有志&その家族七名で、18日の土曜日に丹沢の三ノ塔に行って来ました(^-^)/

今回のメンバー七名の内、二名は何と8歳の男の子と5歳の女の子(^O^)
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0004


幼少の子供もいる事から、待ち合わせ場所を富士見小屋左折先の菩提峠の駐車場とし、そこから三ノ塔に向かうルートを選択しましたo(^▽^)o

しかし菩提の駐車場から三ノ塔では多少物足りなさがあるため、僕を含めた三人は蓑毛からヤビツ峠を抜け、富士見小屋経由で菩提の駐車場に向かう事に・・・(^ε^)

待ち合わせ時間の9時ジャストに菩提駐車場に到着し、そこから全員で三ノ塔に歩を進めました(^O^)/

しかし五歳の女児に、日本武尊ルートの急登が登れるのかどうか・・・(・_・;)

正直なところ最初は心配だったのですが、大人の助けを借りる事なくニノ塔まで登り切り、小休止の末に無事全員で三ノ塔に到着(´∀`)

ガスが濃く、景観が全く望めない中での昼食となりましたが、それはそれでまた一興です\(^_^)/

山頂では、乾き物のつまみと上司の奥様が作って来てくれたおがずにサラダ、そしておでんにカップラーメンという昼食で腹を満たし、大満足ののち昼過ぎから下山を開始しました(・ω・)/
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0011


帰路は表尾根から林道に下り、そこから菩提駐車場まで戻るルートを選択しましたo(^-^)o

一時間強ののち無事に菩提駐車場に到着し、今日のメニューを楽しく消化する事が出来、全員大満足(^-^)/

僕はみんなとはここで別れ、蓑毛まで歩きバスで帰るルートを選択しました(^_^;)

秦野行きのバスがヤビツ峠に停まっていたのですが、ここはスルーし朝通って来た春岳沢方面に足を向かわせました。

この時(ヤビツをスルーした時)の時間は午後1時50分。

時間的にやや遅かったためか誰とも会う事無く下り続け、新緑の息吹を感じながらの下山も午後2時30分をもって終了・・・。
2009_0419シーカヤックお遊びツアー0013


2009_0419シーカヤックお遊びツアー0014


2009_0419シーカヤックお遊びツアー0015


天候が回復し出し、遠くの山々が見渡せるようになったと同時に蓑毛のバス停に到着しました(*´Д`)=з

15時のバスで秦野に向かい、自宅には16時半着。

子供たちとの楽しい山歩きで、一番の心残りは晴れ間が出なかった事・・・。

次回は、三ノ塔からの大展望を必ず見せてあげたい・・・・と、今から思っている僕がいるのでしたr(^ω^*)))


人気blogランキングへ

三ノ塔 社内有志参加トレッキング(。・・。) 

明日18日の土曜日、会社の仲間たちと丹沢の三ノ塔に行く事が決定しました♪( ̄▽+ ̄*)

2009_02072007_11230003.jpg


今回は8~9名近くになる予定で、下は4歳から上は47歳までの混成チーム(;^_^A

何回か山行きを共にしたメンバーもいれば今回が初参加のメンバーもおり、年齢、経験、そして体力的にも凸凹状態でのツアーになりますが、それもまた一興ってもんでしょう♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

チームは、「早出の蓑毛から登り始め組」と「菩提駐車場から登り始め組」の二手に分かれ、朝の9時に菩提駐車場で合流し、二ノ塔経由で三ノ塔に向かう予定です。

幼少のお子さんもいるので、通常の倍近くの時間を見越しての行動予定を立てなければなりませんが、子供たちに自然の素晴らしさを味わってもらえる良いチャンスなので、時間を充分取り様々の自然の造作物を観察しながらのんびりと歩こうと思っています。

天気予報では何とか晴れそう・・・♪(* ̄ー ̄)v

明日は楽しい一日になりそうです♪(* ̄∇ ̄)/


人気blogランキングへ

第51回鎌倉まつり

12日の日曜日、義理の弟が御輿を担ぐと言うので、見物がてら鎌倉に出かけて来ました。

行きは電車を利用し、八幡宮東側に位置するタイ料理店「バーンウェンター」で昼食。

アットホームで暖かい雰囲気の「バーンウェンター」は、我が家でもかなりお気に入りのタイ料理店ヾ(@^▽^@)ノ

毎度の事ながら生ビールで乾杯し、ソムタムと牛スジそばで腹を満たした後は、今日のお目当てである「鎌倉まつり」の見物へと足を運びました・・・。

2009_0412シーカヤックお遊びツアー0009


外人さんが大変多かったのですが、御輿を担いだ威勢の良い日本の老若男女を間近に見る事が出来たのは、良い日本土産になった事でしょうO(≧▽≦)O

2009_0412シーカヤックお遊びツアー0010


結局はこの人ごみの中で、義理の弟を探す事は出来なかったのですが、祭りって言うのはやはり心を高揚させるものですね・・・。

この日は鎌倉駅近辺を軽く散策した後、藤沢まで歩いて帰宅・・・┌┤´д`├┐

昨日の疲れを引きずってはいたものの、程好く疲れた一日を過ごす事が出来ました・・・♪(o ̄∇ ̄)/


人気blogランキングへ

江ノ島で缶ビール・・・幸せなひと時

11日の土曜日、丹沢の大山トレッキングを午前中に済ませた後、帰宅後は江ノ島まで歩き、夕日を見ながら缶ビールを一本だけ飲んで来ました(^-^)/

夕方ともなるとまだ肌寒さはあるものの、この時期になればヤッケ一枚あれば、もう充分寒さは凌げますねv(^-^)v

観光客が駅へと向かう帰宅の途に着く人波の中を逆行し、いつもの事ながら江ノ島に渡る橋の袂に陣を取り、さっそく乾杯ですf^_^;
2009_0412シーカヤックお遊びツアー0006


夕日を眺めながらのビールは本当に格別です・・・。
2009_0412シーカヤックお遊びツアー0007


今年はあと何回いや何十回、この場所でビールを飲むんだろう・・・(^~^)
2009_0412シーカヤックお遊びツアー0008


こういうのを本当の幸せって言うのかもしれませんね・・・・・(^o^)v-~~~


人気blogランキングへ

大山 半日トレッキング

山に別の価値を感じている方々から見れば、全く意味が無いと批判を受けてしまいそうなトレッキングに、11日の土曜日またまた行って来てしまいました(^_^;)

自宅最寄り駅を始発で発ち、秦野からバスで蓑毛まで行き、そこから大山までを一気に登り、帰路はヤビツ峠から秦野までバスで戻ると言うコース(^-^)/

この時は、自宅に11時過ぎに戻って来ることが出来ました(b^-゜)

この時間に自宅に戻れれば、午後はのんびり家族と過ごす事が出来るので、一日を二日分楽しめた気がします(σ・∀・)σ

小田急線秦野駅から取り付き口の蓑毛までは毎度の事ながら始発二本目のバスを利用(^O^)/

蓑毛では少しばかり荷物を整理し、6時53分に出発しました(^O^)

一ヶ月前と比べたらかなり高い気温の中を、裏参道をひたすら登り続けました・・・。

下界では暖かく感じる朝の太陽も、登坂中はかなり暑く感じますね・・・。
2009_0412シーカヤックお遊びツアー0001


天気は良かったのですか、気温がやや高い為か視界は今ひとつ(*´Д`)=з

でも富士山が拝めたので、ここは良しとしておきましょう・・・f^_^;
2009_0412シーカヤックお遊びツアー0002


大山山頂には、8時24分に到着しました。

寝不足から来る気だるさと、いつもより多めの重量(この時はトレーニングを兼ねて、水を3リットル余分に持参)を担いでいた事を考えれば、1時間30分で山頂まで登れた事は良しとするべきでしょう・・・(^_^;)

山頂着が早い時間だった事もあり、3~4名のトレッカー以外には誰も居らず(^o^)v-~~~
2009_0412シーカヤックお遊びツアー0003


山頂では数分の休憩の後、8時27分に下山を開始しましたo(^-^)o

帰りはヤビツ峠の秦野行きバスに余裕で間に合う時間だったので、イタツミ尾根を下る事に・・・。


下の写真は途中でスナップした二枚です。
2009_0412シーカヤックお遊びツアー0004

2009_0412シーカヤックお遊びツアー0005


これだけの好天だと、表尾根はかなりの人出で賑わっている事でしょう・・・(*^o^)乂(^-^*)

数人のトレッカーと擦れ違った後、ヤビツ峠には9時03分に到着。

9時16分発の秦野行きバスに乗り、この日の超短時間トレッキングはこれにて終了です。

そんなこんなで自宅には11時過ぎに着く事が出来ました。

帰宅後は車で買い物に出かけ昼食を購入o(^-^)o

買い物から帰った後は、またまたいつもの事ながら、江ノ島まで散歩がてらに歩いて来ました。

夕日を見ながらビールを飲んだ、この時の江ノ島の事についてはまた後日と言う事で・・・m(_ _)m


人気blogランキングへ

大岡川の桜・・・その2

満開をやや過ぎた大岡川の桜です・・・。

2009_0409シーカヤックお遊びツアー0006

が、まだまだ見事な咲きっぷりは、カメラを片手に集う見物客を惹きつけてやみません。


2009_0409シーカヤックお遊びツアー0005

お友達のkenさんから聞いた話ですが、大岡川の桜を見るためのクルージングツアーもあるとの事。

咲き誇る花びらをまとった枝々の間からのワンショットですが、この船がそのツアーの船なのかな・・・?

2009_0409シーカヤックお遊びツアー0001


甲板上には、両サイドに広がる桜並木をカメラに収めようと、シャッターを切っている人達が何人かいたので、おそらくは花見見物用のクルージング船なのでしょう・・・。


2009_0409シーカヤックお遊びツアー0002


天候も後押しし人出で賑わっている大岡川ですが、川面には役目を終えた花びらが、こんなにも漂っています・・・。


2009_0409シーカヤックお遊びツアー0004


慎ましやかで美しかった花は、散った後も美しい・・・。


2009_0409シーカヤックお遊びツアー0003


な~んて、ちょっと洒落込んで書いてみたりして゛(6 ̄  ̄)


人気blogランキングへ

大岡川の桜・・・

僕が勤める会社の裏は桜の名所(ノ^^)八(^^ )ノ

得意先を回るついでにちょっとだけ寄り道をして、満開に咲き誇る桜を見て来ました(^-^)/

2009_0406シーカヤックお遊びツアー0001

大岡川沿いに立ち並ぶこの桜の見事さは、何と言っても川面に向かい頭を垂れたその枝振りでしょう・・・v(^-^)v

2009_0406シーカヤックお遊びツアー0002

桜の花に身をまといしなやかに伸びた大小様々なその枝は、あたかも水面に届かんばかりの勢いで覆い被さろうとしているかのようであり、その美しさたるやまるで日本画そのもの・・・(^o^)v-~~~

はかない命だからこそ、咲いている短い期間のその美しさは、また格別と言えるのかもしれません・・・。


人気blogランキングへ

藤沢の桜・・・

昨日の日曜日(5日)の夕方、藤沢の善行にある神奈川県立体育センターに咲き誇る桜を見て来ました(^-^)/

DSCF2500.jpg

DSCF2501.jpg

DSCF2503.jpg


ビールの一本も持って行こうか迷ったのですが、さすがに夕方ともなると肌寒さを感じてしまい、ホットのお茶と抹茶風味のキットカットを購入して体育センター内に・・・v(^-^)v

DSCF2504.jpg


温かいお茶を飲みながらの至福な一時・・・(^o^)v-~~~
DSCF2503_20090406122711.jpg

DSCF2503_20090406122717.jpg


あっと言う間とも言える開花期間が僕らに与える印象は、我々日本人に風情と切なさを強要させているのではないかとも思える、そんな感が無いとも感じられなくはありません・・・( ̄^ ̄)

でも、その美したるや、日本人でなければ理解の出来ない感覚なのかもしれませんね(;_;)

今週末には見る事が出来ないであろう満開の桜を前に、初夏の到来を何気に感じたひと時と相成りました( ´ー`)


人気blogランキングへ

三浦アルプス半(?)縦走(;´▽`A``

横浜の山も面白いと言う情報を、toru0298さんが運営されている「山と旅の記録」の中の記事で先般発見し、先土曜日の4日に歩いて来ました(^-^)/

DSCF2505.jpg


JR田浦駅を起点としJR鎌倉駅を終点とした僕なりにアレンジしたコース設定は、半分近くはウォーキングのような感じになってはしまいましたが、一応コースの概略を下記しておきましょう(^O^)

JR田浦駅~田浦小学校横の路地経由で登山道

登山道~東尾根経由で乳頭山

乳頭山~南尾根経由で観音塚

観音塚~一色住宅
  (道を間違い、南尾根から下界に下りてきてしまった)

一色住宅~県道・国道経由で葉山ボンジュール

葉山ボンジュール~葉山教会経由で仙元山

仙元山~国道134まで戻り逗子海岸へ
  (逗子海岸で昼食)

逗子海岸~逗子駅

逗子駅~お化けトンネル経由で鎌倉駅


ざっとこんな感じで歩いて来ました(*^ー^)ノ

南尾根の観音塚から、道を誤り下界に下りてきてしまったので、三浦アルプス縦走にはなりませんでしたが、葉山ボンジュールのところから登り返したので、まぁ半縦走って言った感じでしょうかねf^_^;

山自体の高さはそれほどでもないので、絶景感を堪能したい方には物足りなさが残るかもしれませんが、小さなアップダウンが延々と続く尾根はなかなか歩きでがあり、それなりの運動量にはなったかもしれません(*´Д`)=з

いつもの事ながら、数枚ですが写真を写して来ましたので、下記にてご覧頂きたく思いますm(_ _)m


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


歩き始めてすぐに現れた案内板です。
しかし、さすがに横浜・横須賀の山ですね!!
町内行きの道標がありました。
DSCF2473.jpg


歩きやすい良い道ですが、ところどころは大変滑りやすくなっており注意が必要です。
DSCF2474.jpg


シダの仲間かな・・・?
写真で見るよりも現物の方が全然綺麗でした・・・。
DSCF2475.jpg


木々の合間からは横浜横須賀道路がちらほらと・・・。
DSCF2478.jpg


標高が低いので絶景感はいまひとつですが、それでもなかなかの展望です!!
DSCF2479.jpg


という事で、乳頭山に到着。
DSCF2480.jpg


下の2枚は、乳頭山からの景観です。
DSCF2481.jpg

DSCF2482.jpg


乳頭山から少し先には、こんな鉄塔の下をくぐるところもありました。
DSCF2483.jpg


見事な大木ですね・・・。
三浦半島の山といってもあなどれません!!
まだまだ自然が一杯残っています・・・。
DSCF2484.jpg


三浦アルプスだと思ったら、葉山アルプスとも言うんですね・・・。
まぁ、どっちでもいいけど・・・。
DSCF2485.jpg


しばらく歩くと、休憩には持って来いの平地に出ました。
景色も楽しめるので、昼食には良いかもしれませんね。
DSCF2486.jpg


道路の基準点らしいです・・・。
DSCF2487.jpg


ここで大失敗・・・!!
気を抜いて歩いていたら、観音塚から一色住宅に下りて来てしまいました・・・。
DSCF2488.jpg


ここでどうするか悩んだあげく、県道~国道沿いに葉山のボンジュールまで行き、そこから仙元山を目指すことにしました。
DSCF2489.jpg


これは葉山消防署前の桜並木です。
満開に近い状態で、とても綺麗でした・・・。
DSCF2491.jpg


暫しの歩道闊歩も終わり、いよいよ最後の山である仙元山に向かう事に・・・。
DSCF2492.jpg


下の4枚は、仙元山からの写真です。
江ノ島が綺麗に見えました・・・。
DSCF2493.jpg

DSCF2494.jpg

DSCF2495.jpg

DSCF2496.jpg


これは下りて来る途中、仙元山を振り返って写した写真です。
小高い山頂には、トイレ・ベンチが完備されています。
DSCF2497.jpg


ここからもうひと歩きし、逗子海岸に到着しました。
DSCF2498.jpg


ここで念願の昼食をとりました!!
海を見ながらのおにぎりは旨かったっす!!
DSCF2499.jpg


昼食後は逗子まで歩き、そこから鎌倉まで足を延ばしました・・・。
初めての三浦半島山歩きもこれにて終了・・・。
いや~~~しかし疲れたなぁ・・・。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


一日で歩くには丁度良い長さの三浦アルプスですが、僕なりに感じたことを二言三言書き添えておきたいと思います(*^_^*)


低山だからといって見くびるべからず!!
僕は水を1リットルしか持って行かなかったのですが、小さなアップダウンが絶え間なく続くので、汗はそれなりにかきます。
行程半ばで水をほとんど飲み干してしまった時には、かなり焦りました・・・。
これから暑さはピークを迎えます。
冬場の倍以上の飲料水の携行は必要でしょう。

田浦小学校横から路地を入って登山道に向かう場合、路地の突き当たりは民家で行き止まりになります。
間違ったと思って引き返さずに、突き当たり右手前をよ~く見て下さい。階段状の小さな道が見えるはずです。
そこから登山道が始まっています。

案内表示も多く、迷う事はまず考えられないコースですが、僕みたいにうっかりしていると、気が付いたら下界に下りて来てしまったりするので、表示だけは確認しながら前進するようにしましょう(^o^;)



約五時間半のハイキング&ウォーキングもこれにて終了\(^_^)/

次の機会には、となりにある二子山に登ってみたく思います(^-^)ノ~~



人気blogランキングへ


マジで安くて旨い 焼肉「安安」 (

いつ行っても人が一杯で、いつ行ってもべらぼうに安い焼肉屋「安安」(●⌒∇⌒●)

このところ2週間に一回ペースで行っている「安安 藤沢店」ですが、ちゃんと綺麗で静かな個室があるとは知らなかった・・・w( ▼o▼ )w

昨日行った時は、夕方の六時過ぎにもかかわらず、テーブル席は全て一杯で4組待ちの状態・・・( ̄△ ̄;)

個室ならすぐ席が用意出来るとの事で、即そちらに決定!!

DSCF2470_convert_20090331071431.jpg

一人一時間当たり100円増しになるとの事でしたが、すぐ座れるのならそれに越した事は無し!!
という事で、一番奥にある8人掛けの個室に案内され、3人利用にもかかわらず広々とした空間を贅沢に使わせて頂きましたヾ(@°▽°@)ノ

そんなに量を食べられないメンバー3人だったので、とてつもない大食いをしたわけでは当然の事ながらありませんが、それでも皿にして約12~13皿、飲み物は生ビールを8杯飲み、〆ではビビンパのハーフサイズを3人で分食・・・(*^.^*)

これだけ食って割高の個室で7000円台前半で上がるのですから、本当に安い!!

今回はホットペッパーのクーポンを使い、生ビールが一杯は無料になりましたが、これで個室でなければ7000円を切る価格になるんですよね┏(|||`□´|||;;)┓

安くて結構旨い庶民そして若者の味方「安安」。

これからもしばらくは世話になりそうな予感がしてなりません・・・o( ̄ー ̄)o

七輪焼肉 安安 藤沢店 ( 藤沢 / ホルモン焼き )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




人気blogランキングへ



 | BLOG TOP |