プロフィール

藤沢の焚火

Author:藤沢の焚火
金はありませんが、「気分はいつも大金持ち」で生き抜こうと思っています。酒と旅行、そして山が本当に好きで、いつかは山間のひっそりしたせせらぐ川沿いに、小さな家を建てて暮らしたいとマジで思っている中年サラリーマンです。
みなさん、よろしくですっ!


おでかけ前には欠かせない!!


僕なら絶対にプロテカ


ホテル予約はこちらで

               旅行業界の横綱!!

                頼りになります。

               やっぱ、るるぶ。


旅行の前に見てみましょう

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.co.jp
↑ 一発検索です ↑


WEB限定ツアーは超お徳!!


最近の記事


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何も考えず、フラ~ッと江ノ島へ・・・

一昨日の29日、夕方からフラ~ッと江ノ島まで歩いて来ました。

この日は早朝の天候が良ければ山に行っていたはずだったのですが、朝方の空模様は何となく曇天・・・。

雲が多く肌寒く感じられた午前中でしたが、午後からは打って変わって暖かい日差しがさし始め、思いつくままに江ノ島までの散策に出かける事に相成った訳です・・・。

DSCF2468_convert_20090331071053.jpg

特筆する事は何もありませんが、海を見ていて飽きないのは僕だけでは無いでしょう・・・。

もうすぐ夕方の5時なのに、日も長くなりました。

DSCF2467_convert_20090331070836.jpg

風が強く冷え込んできたので、タバコ一本をふかしてこの日は退散しましたが、もう少し暖かくなったら夕日とサーファーを眺めながら缶ビールで軽く一杯なんていうのも良いですね。

DSCF2469_convert_20090331071215.jpg

夏が待ち遠しい・・・

そんな気持ちを強く感じた日曜日の夕方のひとコマでした・・・。


人気blogランキングへ

スポンサーサイト

南伊豆旅行 その3(シーカヤック)

イヤイヤ、昨日(20日)は結構飲んだ飲んだ(*´Д`)=з

若干、二日酔い気味の感はあった僕ですが、今回の旅行のメインイベントがこれから始まるので、気を引き締めて朝食会場へ向かいました・・・(^ε^)♪

しかし、時間前に朝食会場へ足を運んだものの、和食中心のメニューが並んだ中央テーブルは、既に黒山の人だかり・・・(-o-;)

いつものように、納豆・岩海苔・佃煮類に味噌汁という、超日本人的朝食で腹を満たした後は、南伊豆に向かいいよいよ出発です(*^ー^)ノ

今回のシーカヤックツアーの参加メンバーは、老若男女混成の14名。

2009_0321シーカヤックお遊びツアー0113


僕ら以外に他の参加者4名をプラスした総勢18名での「湊カフェ・ちょい乗りツアー」がスタートしました。

この日は、晴れ間がのぞいているにもかかわらず前日よりも若干気温が低く、やや肌寒感はありましたが、僕の出で立ちはTシャツにライフジャケットという超軽装f^_^;

これでも決して寒くはなかったので、やはりそれなりの運動量にはなっていたのでしょう(^-^)/

前回(昨年3月)のシーカヤックツアーでは、桜が咲き誇る川を上り、また下って来るという内容でしたが、今回は弓ヶ浜まで足を延ばしたミドルロングコース(b^-゜)

2009_0321シーカヤックお遊びツアー0114


さすがに海まで出ると水(波)の感覚や景観が全く異なるので、川だけのツアーとは違う冒険的な気分を味わう事が出来ました(^ε^)♪
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0124


2009_0321シーカヤックお遊びツアー0125


2009_0321シーカヤックお遊びツアー0126


2009_0321シーカヤックお遊びツアー0127


10時前に出航し、帰航は12時過ぎ・・・(*´Д`)=з

約2時間半のツアーも無事終了し、今回のメインイベントも幕を閉じました。

昼食は、湊カフェで紹介してもらった近くの蕎麦屋さんで済ませ、ここにて流れ解散(^-^)ノ~~

帰路は大川~八幡野間、西湘バイパスの終点で渋滞に巻き込まれましたが、買い物休憩を挟んだ時間で6時間30分程で自宅のある藤沢に無事到着しました。
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0130


普段から山に登っているせいか、筋肉痛になる事もなく社会復帰が出来たのは幸いでした(*´Д`)

次回のシーカヤックツアーがいつかは未定ですが、また近々挑戦してみたく思っています!!



人気blogランキングへ



南伊豆旅行 その2(ホテルはな岬)

その(1)波勝崎苑を楽しんだ後は、のんびりくつろぐために宿に入る事に・・・(^-^)/

今回はじゃらんネットで選んだ通年格安の宿「伊東園グループ・ホテルはな岬」に宿泊しました。

実は、事前問い合わせ時の電話応対が今ひとつだったので、安かろう悪かろうの宿かな・・・と諦めてはいたのですが、チェックイン時の対応が大変親切丁寧で、何となく悪かった印象は大逆転v(^-^)v

やはりホテルフロントマンの印象は大切ですねf^_^;

今回は大人数での宿泊だったため、部屋数は5部屋を予約しておきました。

予約した部屋は、海側の和室が4部屋と山側の洋室が1部屋の計5部屋('-^*)/

海側の部屋は絶景感は無いものの、開けた視界は充分の開放感を満たせてくれ、まずまずの感じ(^O^)/
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0079


山側の部屋は下田方面が見渡せ、小高い山が一望出来るので、思ったよりかは良かったですね(^O^)

室内の冷蔵庫は全て空っぽo(^^o)(o^^)o

ホテル側に確認はしませんでしたが、飲み物の持ち込みを了承してくれているのでしょうかf^_^;

まぁでも空っぽの冷蔵庫があったら、使わない手はありませんよね!!

食事は朝夕共にバイキング(b^-゜)

決して高級食材ではありませんが、値段を考えれば充分満足のいく内容と言えるでしょう(*^-^)b

無料カラオケルームが大小それぞれ一部屋ずつと大浴場も完備されているので、これで7,000円を切るのですからお得感はバリバリですね(^ε^)
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0093



さて、一夜明け・・・・・。


朝の六時前から海原を眺めながらの一杯は、こりゃまた格別!!
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0106


これは山側の部屋からの景観。
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0104


2009_0321シーカヤックお遊びツアー0105


こちらは海側の部屋からの早朝のスリーショットです。
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0107


2009_0321シーカヤックお遊びツアー0108


2009_0321シーカヤックお遊びツアー0109


僕らは、この後シーカヤックに乗る関係で、9時にはホテルを出たのですが、12時までにチェックアウトをすれば良いようなので、朝が弱い方にはその点もありがたい限りですねm(_ _)m

さて、これから南伊豆「湊カフェ」でシーカヤックです。

そちらについては、また改めてご紹介する事にしたいと思います(^-^)ノ~~


人気blogランキングへ


南伊豆旅行 その1(波勝崎苑)

三連休の前半2日間、親戚のオジサンの退職慰労パーティーを兼ねて、親族17名で伊豆の下田に行って来ました(^-^)/

当初の予定では、初日の午後は南伊豆の湊にある馴染みのカフェ「湊カフェ」で、シーカヤックのちょい乗りツアーに参加する予定だったのですが、空模様が不安定だったので予定を急遽変更し、波勝崎にあるお猿の楽園「波勝崎苑」に行く事に・・・o(^-^)o

2009_0321シーカヤックお遊びツアー0066


ここに来るのは親父が元気だった頃以来だから、かれこれ15年振りくらいでしょうか・・・(^o^)v-~~~
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0067

2009_0321シーカヤックお遊びツアー0068


当時は山の上にあるパーキングから海岸際にある売店(事務所)までは、徒歩以外には手段が無かったように記憶しているのですが、今はマイクロバスでの送迎があるので楽チン楽チン(*^-^)b
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0069


半野生の日本ザルは、人が近づいても全く怯える事なく、可愛らしい仕草でギャラリーを笑わせ人気者でした(^O^)
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0070



風は強かったのですが、午後には天気も回復(*^o^*)
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0071


餌が蒔かれると、猿達は一斉に餌拾い・・・(^_^;)
2009_0321シーカヤックお遊びツアー0072



2009_0321シーカヤックお遊びツアー0073こんなに近くにいても全く逃げません。

しかし、賢そうな顔立ちですね(・ω・)/










入苑料は大人500円・小人250円ですが、食事処や観光案内所などの至る所にばらまかれている割引券を利用すれば多少なりとも安くなりますので、皆さんも行かれる時には事前に確保しておくと良いでしょう('-^*)/

さて、ホテルにチェックイン出来る時間になりましたので、向かうは下田駅近くのホテル「下田伊東園ホテルはな岬」です。

じゃらんネットで予約した通年格安宿ですが、どの程度のモノなのか・・・f^_^;

ホテルについては改めてレポしたく思いますm(_ _)m


人気blogランキングへ

壱六家 大和店

藤沢町田線沿いに出来た有名ラーメン店の出先店「壱六家大和店」に行って来ました(^-^)/

ラーメン壱六家 大和店 (ラーメン / 高座渋谷)
★★★★ 3.5


最近は支那そば系のラーメンを食する機会が多かったので、こってり系は本当に久しぶり・・・(^O^)

さてさて、久々だったその印象とお味は如何に・・・(^~^)

大変美味しく戴きました!!

が、味音痴の僕が言うのも何ですが、スープは絶品モノだったのですが、麺が今ひとつだった感じがしてちょっと残念でした・・・。

これは個人の好みに依るところ大でしょうが、麺はあくまでも極太のストレート麺が、こってり系のラーメンには一番合うんじゃあないかなぁ(^ε^)

この壱六家大和店の麺は、中太(って言うのが正式な呼び方かはわかりませんが・・・)の平打麺(^_^)

硬めで頼んだのですが、僕的には中途半端な麺の太さなので、極太のような歯ごたえが無い・・・(;_;)

平打麺って、お上品で何だかこってり系のごっつさに欠けて、そこだけがちょっと僕好みではなかったなぁ(-o-;)

しかし明るく綺麗な店内は、家族連れでも迎え入れてくれる良い雰囲気で、世の家系ラーメン屋的な厳つさが無いのはありがたいですね(*^-^)b

駐車場もたっぷりあるので、買い物ついでにフラ~~ッと立ち寄りたくなる・・・。

そんな感じの壱六家大和店でした('-^*)/


人気blogランキングへ


大山登山&江ノ島ウォーキング&生ビール!!

翌日が仕事日に山に行くなんて、5~6年振りじゃないかなぁ・・・・・・・(*^o^*)

春の嵐が吹き荒れた土曜日の早朝とは真逆の大好天の日曜日、またまた丹沢の大山に行って来ました(^-^)/

先週は大山から日向薬師に抜けたのですが、この日も半日でメニューを消化させるために、次のルートを設定し歩いてみました。

①蓑毛~ヤビツ峠
②ヤビツ峠~大山
③大山~(裏参道経由)~蓑毛



どのコースも数回は歩いている馴染みのコースですが、通しで歩くのは初めてだったので、新鮮な気分で歩く事が出来ました(^O^)/

参考までにコースタイムを下記致しますm(_ _)m

★6時58分 蓑毛発 ~ 7時46分 ヤビツ峠着
★7時46分 ヤビツ峠発 ~ 8時34分大山山頂着
★8時52分 大山山頂発~ 10時05分蓑毛着

海側の視界は多少霞みを帯び、抜けるような透明感はありませんでしたが、江ノ島や真鶴半島まで一望出来ました(*^-^)b

2009_03152007_11230002.jpg

2009_03152007_11230001.jpg


山頂からの富士山も一枚(*^o^*)
2009_03152007_11230003.jpg


帰りは10時15分発の蓑毛発秦野行きのバスに乗り、自宅には12時前に着く事が出来ました(^-^)/

帰宅後は、家で昼食を済ませた後に更に江ノ島まで歩き、早めの夕食は最寄り駅の居酒屋で生ビールを「グイッ!!」っとやり、一日のメニューを終了(^O^)

かなり疲れはしたものの、早朝から晩までの自分に与えられた時間をフルに使った、大変充実した一日となりました(*^-^)b

今の僕にとっては、定期的にひと汗かく事が健康維持の秘訣の様ですね・・・(´∀`)


人気blogランキングへ


牛繁 藤沢本町店

焼肉と言うと、最近は激安でそこそこ美味しい「安安」一本だったのですが、クーポンチケットがチラシで入っていたのをきっかけに、2~3年振りに藤沢の白幡にある焼肉屋「牛繁」に行って来ました(^-^)/

牛繁 藤沢本町店 (ギュウシゲ) (焼肉 / 藤沢本町)
★★★★ 3.5


良いところも悪いところも含めて、独断と偏見で二言三言f^_^;

入り口側の席は、ドアが開いた時の外気と空調の風向きで少し寒い。

味は激ウマではないが、不味くもなく至って普通。

確かに生ビールは相当飲んだし料理もそれなりに注文はしたが、クーポンを使って三人で11,000円強は高いのでは?
(この価格だと、我が家の場合は牛角とさほど変わらない)

店員さんの接客態度はまぁ完璧と言えるかな・・・。

料理の出てくるタイミングは遅からず早からずでOK。

焼肉屋の中では、トッピング用の調味料は多い方かもしれない。
(僕にとってはありがたい)

クレジットカードが使えるのは、マイラー一家である我が家にとっては大変ありがたい。


ってなところでしょうか・・・(^o^;)

全体的には可もなく不可もなく、普通の焼肉屋さん・・・と言うのが結論かな・・・(^O^)/

この時に初めて知ったのですが、この「牛繁」は吉野家グループとの事(・_・)....?

これからのひとひねり入れた変化に期待大・・・と言ったところでしょうか・・・(^-^)/


人気blogランキングへ


千の庭 湘南台店

千の庭 湘南台店 (せんのにわ) (居酒屋 / 湘南台)
★★★★ 3.5

二ヶ月振りに我が家に来た実家のお袋と行って来たのが、まだオープンして間もない感じの居酒屋チェーン店「千の庭」(^-^)/
2009_03072007_11230020.jpg


ビル内二階にある飲食店ですが、建物(ビル)に入る時の門構えは何となく高尚な感じがするものの、中に入れば明るい雰囲気の静かで綺麗な居酒屋さんで、フトコロ具合が厳しい我が家にとっては、まずはひと安心(*´Д`)=з

下足箱に靴を収め、洒落た小橋を渡ったところで案内されたのが、落ち着いた感じの個室でした。

オーダーは呼び鈴で呼べばすぐ来てくれるので、これなら店員さんをわざわざ呼び止める煩わしさもありませんね(*^-^)b

値段も他の居酒屋さんと比べたらちょっとだけ高い分、料理の味もそれなりに良く、大食い目的ではない食事を楽しむのには、うってつけかも知れません(=^▽^=)
2009_03072007_11230014.jpg

2009_03072007_11230015.jpg

2009_03072007_11230017.jpg


尚、上の写真以外にも美味しい料理はたくさんあったのですが、写す前に一気食いしてしまい、あいにく御披露目する事が出来ませんので悪しからずm(_ _)m
2009_03072007_11230018.jpg

2009_03072007_11230019.jpg


参考までに、この時の費用は13,000円強でした。

三人で伺い、アルコールを嗜んだのは二人ですから、そういう意味ではやや高めの飲食代という事になってしまうのかも知れませんが、値段の分客層の年齢も高いので、落ち着いた気分で飲食を楽しめる事は間違い無し('-^*)/

接待でも使える居酒屋さんの玉として、一度行かれてみる事をお勧めしたく思います(*^-^)b


人気blogランキングへ

蓑毛~大山~日向薬師 半日トレッキング▼o・_・o▼

雨日が続く中、待ちに待った晴れ間が土曜日とあっては、山に行かないわけにはいかないでしょうv(^-^)v

この日(7日)は、実家のオフクロと昼過ぎに相模大野で会う約束があったにもかかわらず、毎度の事ながら最寄り駅始発の小田急線に乗り、バカのひとつ覚えのように丹沢に行って来ましたf^_^;

しかし、いつもいつも同じコースでは、さすがに飽きが来てしまうのも否めない事実・・・(*´Д`)=з

そこで考えたのが、いつものように早朝から登り、昼前には下山出来るコースで且つ一度も歩いた事が無い登山道を一部でも含むお気楽散歩道は無いものか・・・と言う結論でした。

結果いろいろとと思案し、選んだのが下記ルートとなった次第です(^-^)/

①蓑毛~大山
②大山~見晴台
③見晴台~日向薬師



このルートの中で、見晴台から日向薬師までの「関東ふれあいの道」が、今回初めて歩く道だったのですが、整備はされているものの、階段状になった平らな部分にゴツゴツした石が敷き詰められているので、かなり歩きづらかった・・・と言う印象が残った初ルート歩きとなりました。

天気予報とは裏腹に、ガスが強くかかった山肌は、歩いていても髪の毛がスプレーを噴いたような状態になるほどで、当然の如く展望も何もあったものでは無く、よって写真は数枚しか写して来ませんでしたが、一応順を追って下記にてレポしたく思います。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


秦野始発二本目の蓑毛行きバスに乗り、終点の蓑毛には6時50分に到着。

準備はバスの車内で済ませておいたので、一服だけして蓑毛バス停を後にしました。

出発は6時55分(^-^)/

水飲み休憩以外は全く休むことなく、大山山頂には1時間40分後の8時36分に到着しました。

ここまでのルートで今年の一月に来た時と大きく変わっていたのは、登山道の整備が随所でなされていたと言う事でした。

丸太で土止めされた階段や、木材でキッチリ組み立てられた階段・・・。

スチール製のグレーチング階段も設置されており、荒廃する登山道の整備が進んでいる事に、逆に山の現状の荒れ方を痛切に感じてしまいましたね・・・(-_-#)

しかし、とにかくガスが濃い・・・(*´Д`)=з
な~~~んにも見えません・・・。
2009_03072007_11230003.jpg


トイレは閉鎖中でした。
2009_03072007_11230004.jpg


一月と比べたら、雪の量はかなり減っていましたね。
残っていた雪は、東側の展望スペースにこの程度だけ・・。
2009_03072007_11230005.jpg


9時に山頂を発ち、9時49分に見晴台に到着です。
この頃になると、少しずつですが晴れ間が覗いて来ました。
2009_03072007_11230006.jpg


同じ時間に写した写真なのに、東側は相変わらずガス一色・・・。
2009_03072007_11230007.jpg


でも山頂方面はこの通り、天気が回復して来たようです。
2009_03072007_11230008.jpg


晴れているのにガスっている・・・。
変な天気だなぁ~~~。
2009_03072007_11230009.jpg


おやっ!!
本当ですか・・・こわ~~~w( ̄△ ̄;)w
2009_03072007_11230010.jpg


10分ほどの一服タイムの後、向かった先は日向薬師方面(⌒∇⌒)
ここから先は僕にとっての未踏の地だったので、期待に胸を膨らませてイザ出陣です!!
2009_03072007_11230011.jpg


整備はされているのですが、足場の悪い階段を下り続け、11時11分に日本三大薬師である「日向薬師」に到着しました。
2009_03072007_11230012.jpg


境内を抜け、南側の階段を降りて行けば、日向薬師のバス停です。
振り向きざま2体の仁王像をスナップし、この日のトレッキングは終了となりました。
2009_03072007_11230013.jpg


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


11時45分発の伊勢原駅北口行きバスに乗り、相模大野には12時半に到着。

オフクロとの待ち合わせにも遅れる事無く、半日にしては内容の濃い山歩きが出来、自分としては大変充実した一日となりましたとさ・・・(⌒∇⌒)ノ""


人気blogランキングへ

ステーキハウス どんぱん

会社の上司が、僕ら平社員を従えて抜き打ちで敢行するミステリー晩餐会が年に数回あるのですが、今回の該当平社員は僕ともう一人の同僚・・・(^_^;)

何が食べたいかを事前にリサーチされ、「肉のメチャクチャ美味いところでお願いします!!」とリクエストをし、連れて行ってくれた場所が、横浜関内老舗のステーキハウス「どんぱん」でした。

ステーキハウス どんぱん (ステーキ / 関内、馬車道、桜木町)
★★★★ 4.0


この場所から1~2分のところに僕のお得意先があり、近辺は結構徘徊しているつもりだったのですが、この「どんぱん」の事は全く知らなかったなぁf^_^;

表通りには面しておらず路地中の小さなお店と言う事もあったのでしょうね・・・。

店内は10人も入れば一杯になりそうな小じんまりとした佇まい・・・(・_・;)

左右対称に配置されたL型のテーブル席がふたつと、5~6人ほど座れるカウンター席が客席の全てです(^o^)

L型テーブル席では、目の前の鉄板でオーダーした食材が調理され、個別に用意された取り皿に盛り付けられて行きます・・・(^ε^)

ぐるなびの紹介コメントにもありますが、店内はまさに「大人の隠れ家」的な雰囲気。

厨房に一人・接客に一人。
優しいお母さん二人が切り盛りしている店内は、暖かさが充満した「くつろぎの場所」と言う表現がピッタリかも知れません。

さて、肝心の料理は如何にf^_^;

ハッキリ言って・・・

僕如きが論ずる余地は全くありませんm(_ _)m

こんなに美味しい牛ステーキは、おそらく過去味わった事が無いんじゃないかな・・・( ̄ー ̄)

まぁ、個人的に来れる事は、僕の人生の中でもあと数回あるかないかでしょうね、マジで。

この時は上司のおごりという事もあり、飲み物はビール・芋焼酎(霧島)・日本酒(八海山)・ワインのフルコースf^_^;

極上の牛ステーキから始まり、極上馬刺にヒラメ・ヤリイカの鉄板焼き等、普段絶対に味わうことの出来ない料理を頂き、この日はお開きとなりましたo(^-^)o

会計は全て上司が済ませてくれたので、いかほどの飲食代だったかは不明ですが、僕のあてずっぽうな勘では、一人当たり18000~19000円はかかっているんじゃないかな(・_・)....?

滅多に来れるお店ではありませんが、来年大学を卒業予定の子供の就職が無事決まったら、家族で一度は来てみたいと思っています(^-^)/

人気blogランキングへ



 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。